ハナノヒのイクハナ花のサブスク7月〜今月の受け取り花を全掲載〜

日比谷花壇のハナノヒでは実際にどんな花が受け取れるのだろう?

花のある生活をリーズナブルに始めるため、わが家では日比谷花壇の定額アプリのハナノヒを始めました。まずは月6回の店頭受け取りができるハナノヒのココハナプランから始めましたが、3カ月が経過した2021年7月に、毎日1回受け取り出来るハナノヒのイクハナプランにステップアップすることにしました。イクハナも2週目に入りました!

季節により店頭の花もハナノヒ対象のお花も移り変わっていくので飽きることがありません。

このブログでは2022年7月のイクハナ受け取り花のレポートを掲載します。

ちなみに受け取り店舗は横浜を中心にたまに東京に足を伸ばしています。夏は日持ちしにくいことは確かですが、夏の花は強い花が多くて思いのほか長持ちです。

1回目 7月1日 クルクマ

今年は梅雨明け7月最初の一輪は南国のムード漂うクルクマです。クルクマは南国の花だけあって夏でも長持ちなので重宝します。

2回目 7月2日 ひまわり

やはり夏といえばひまわり。灼熱の太陽風ひまわり。

3回目 7月3日 ひまわり

2日連続のひまわり。昨日のひまわりより少し色味が薄いタイプです。

4回目 7月4日 ひまわり

3日連続でひまわり。今度は黄色が濃くて鮮やか。

ひまわりは並ぶと魅力がアップします。それぞれの個性が光る!

5回目 7月5日 デルフィニウム

涼しげなブルーパープルのデルフィニウム。

6回目 7月6日 ひまわり

ふたたびのひまわりはフレアが躍動的です。

7回目 7月8日 ガーベラ

ひさびさのガーベラ。ここ数日は七夕にちなんで店頭では蒼い花が並んでいました。七夕が終わりハナノヒ対象になりました。青が青すぎる!

8回目 7月10日 かすみ草

ハナノヒでは意外と貴重なかすみ草をすかさずゲット

9回目 7月11日 ひまわり

またまたのひまわりは真っ黄色のひまわり。

10回目 7月12日 カラー

白くてもカラー

11回目 7月13日 カーネーション

可憐なピンクのカーネーションです。

12回目 7月16日 デルフィニウム

バランスが取れたグラデーションが美しいデルフィニウム

13回目 7月17日 クルクマ

一輪でコントラストが美しいクルクマ

14回目 7月18日 クルクマ

またまたクルクマ、大きくて存在感ある緑のクルクマ。長持ちしそう

15回目 7月19日 カーネーション

天然でこの色彩

16回目 7月20日 薔薇

久しぶりの薔薇。

個性の競演ですがチームとしては?

17回目 7月24日 ケイトウ

ひさびさのケイトウ。花のような上部は実は茎。

18回目 7月25日 薔薇

やはりハナノヒに薔薇があると選択

19回目 7月26日 クルクマ

今回のクルクマは小ぶりですが葉っぱ付き。葉があるだけで豪華な感じがします。

20回目 7月28日 薔薇

これまた均整がとれた真っ赤な薔薇です。

21回目 7月29日 ひまわり

真夏のひまわりは花びらが特徴的

22回目 7月30日 クルクマ

またまた葉のついたクルクマ。葉とのバランスが絶妙です。

23回目 7月31日 薔薇

7月最後の一輪は薔薇です。

可愛らしいパステル調ピンクの薔薇は初めてかもです。

夏は日持ちが短いことは確かですが、クルクマやひまわりといった日持ちが良い花を組み合わせることで結構長く楽しめるものです。直射日光や暑い場所を避けると花も頑張ってくれるようです。

店舗で受け取る> 日比谷花壇のハナノヒ プラン を試してみる

ハナノヒ プランへのアクセスは、

お花の定額制アプリ「ハナノヒ」お花屋さんでお花を選ぶ楽しさを気軽に!
「ハナノヒ」はもっと気軽に、日々の生活でお花を楽しんでもらいたい。お花屋さんでお花を選ぶ楽しさを感じてもらいたい。そんな思いを込めてできた、お花の定額制アプリです。

①近所に通えそうな店舗があるか確認

②ハナノヒ アプリをインストール

③6つのプランからお好きなプランを申し込み

あとは、お気に入りの花を見つけたら店舗でQRコードを読み取り店員さんに見せるだけ。

◉ 日比谷花壇グループの イーフローラ 加盟店の一部店舗でも ハナノヒ プランに参加できます。自宅の近くに対象店舗があるか要チェックです。

全国お花屋さんネットワーク イーフローラ

自宅で受け取る 花の定期便 を試してみる

> お近くに日比谷花壇の店舗がない

> できれば配達してほしい

> プロのセレクトを楽しみたい という方には

自宅で受け取る花の定期便サービスが利用できます。

自宅でリーズナブルに花のある生活を始めることができる

選んで間違いない お花の定期便(サブスク)ベスト

※ランキングではありませんのでピンときたら要チェック

❶ 日比谷花壇ハナノヒ365days花の定期便

日比谷花壇から厳選された季節の花が家庭に届く花の定期便

日本一豊富といえる取り扱い花の種類と品質管理が行われている日比谷花壇から厳選された季節の花が毎月届くという豪華なサービスです。

季節の旬の花とプロのアレンジが楽しめるハナノヒ365daysでは、毎月のメインテーマフラワーが設定されていますので、あらかじめ届く花のイメージがわかりガッカリすることがありません。流通量とアレンジコンセプトが管理されている大手ならではのサービス内容です。

近所に店舗がなくても日比谷花壇の花が毎月届く花の定期便です。

◉ 日比谷花壇ハナノヒ365days 申込む前に読む辛口検証記事はこちら

❷ +hana(タスハナ)花の定期便

値段以上のボリュームが評判、サプライズもある新世代サブスク

タスハナ(+hana)のメリットは、なんといっても業界最安値クラスの低価格でボリュームがあって長持ちすると評判の花束がポストに届く手軽さです。業界最後発の花のサブスクという企業努力と国内の花農家との連携の賜物です。

2021年サービス開始で契約者数アップ推進中のいま是非試したい花の定期便です。

◉ +hana(タスハナ)花の定期便 申込む前に読む辛口検証記事はこちら

今すぐ使える【当サイト限定クーポンで初回無料】

クーポンコード:m221004

クーポンコードご利用は、こちらから公式サイトにお入りください

❸ にこにこバラ園 薔薇の定期便

コスパよく心ゆくまで薔薇を愉しみたい方に

バラ園直営なので驚くほどリーズナブルです。1回あたり1,500円(10本前後)、3,000円(20本前後)、5,000円(35本前後)と設定ができますが、5,000円ともなると抱えきれないほどの花束になります。

またバラ園ではアレンジメント教室が開催されているのて、季節の薔薇をセレクトしたお洒落なセンスにも定評があります。圧倒的ボリュームとアレンジセンスでプレゼントとしても安心して利用できます。

薔薇が好きな方には是非おすすめしたい知る人ぞ知るサブスクです。

◉ にこにこバラ園の薔薇の定期便 申込む前に読む辛口検証記事はこちら

❹ kumpū(クンプー)花の定期便

巨匠クリスチャン・トルチュ流の飾るだけで絵になるブーケ

世界的に有名なパリのフラワーアーティストの巨匠「クリスチャン・トルチュ」に10年師事したフラワーデザイナーがコーディネイトする花束が月に2回ご自宅に届きます。

敷居が高いイメージですがそんなことはなく、「そのまま飾って絵になる花束」がkumpuのコンセプトですから、箱から出して花瓶に飾るだけでアーティスティックにアレンジされた季節のお花を楽しめるのが魅力です。

基本プランは、Sプラン 1回あたり1,980円とMプラン2,750円で月2回配送。ハイセンスなパリ流アート花束としてはリーズナブルではないでしょうか。

◉ kumpū(クンプー)花の定期便 申込む前に読む辛口検証記事はこちら

❺ LIFFT(リフト)花の定期便

花とジャーナルで広がる花の世界を愉しむ

他の花のサブスクとは一線を画す、月に1回 花束とジャーナルと呼ばれる小冊子が送付され、「飾るだけじゃない」と表現される、お花から始まる世界観 を楽しむことができます。

プランは基本的に3,300円で月一回のみですが、花農家から直送される新鮮さと花持ち、ボリューム、おしゃれ度の評価も高く、他のサブスクを利用中の方にも試していただきたい花の定期便です。

◉ LIFFT(リフト)花の定期便 申込む前に読む辛口検証記事はこちら

❻ bloomee(ブルーミー)

最安値で手軽に始めるなら業界最大手から

累計10万世帯が利用する、日本初・最大規模の花のサブスクリプションサービスです。日本で初めてポストに届く定期便を始めたのがbloomeeですから、配送ボックスも改良されていて安心感があります。

エントリープランは業界最安値の1回825円(税込、送料込)で、今なら初回無料クーポン利用で人気の花の定期便をリーズナブルに試すことができます。


◉ bloomee(ブルーミー)申込む前に読む辛口検証記事はこちら

❼ Hito Hana(ヒトハナ)

好きな色を選んで届く花がわかるから失敗知らず

お花のサブスクで不満の多くは、前回と同じような花が届いたり好みの色ではなかったという好き嫌いによるものです。HitoHanaは、あらかじめ7色+おまかせの8種類から好みの色を選べるうえに、翌週に届く花を見て判断ができる画期的な、届いてからがっかりすることがないサブスクです。まずは990円(税込、送料込)から。

自分の好みに合ったお花を身の回りに飾りたいというニーズにマッチして登録者を増やして、bloomeeと並びトップクラスの花の定期便・サブスクとなったHitoHanaですから失敗リスクは少なく安心です。

◉ Hito Hana(ヒトハナ)申込む前に読む辛口検証記事はこちら

❽ 青山フラワーマーケット

あのお洒落な人気ブランド花屋さんの花がお家に届く

首都圏中心におしゃれなお花屋さんとして国内外に約120店舗を展開する青山フラワーマーケットの知る人ぞ知る花のサブスクです。

エントリープランで約2,000円と若干お高い料金設定ですが、利用者からは“比較表では比べられないコスパ”と表現される価格を超えたクオリティには定評があり、いろいろ試して結局たどり着く花のサブスクとも言われます。

お勧めは、他社にない、キッチンやダイニング、リビングルームなど、生活の中で花を飾るシーンに合わせ、花の長さとボリュームがそれぞれ異なる3種類のブーケが届くライフスタイルコースです。

◉ 青山フラワーマーケットのサブスク 申込む前に読む辛口検証記事はこちら

[éf](エフ)緑の花の定期便

なんと!届く花はすべて緑の花のみの個性的なサブスク

F. [éf](エフ)緑の花の定期便のおすすめは、なんといっても緑色の花のみという独自性と花を起点とした世界観です。基本ワンプランで月1回発送という、一見サービスレベルが低いのではと思われる仕組みがそのカタチを可能にしているといえます。

毎月届くストーリーカードと花のケアカードが、花から始まるストーリーと花の取り扱いや長持ちの方法を教えてくれます。月に1回の定期便でいろいろな楽しみ方が味わえる花のサブスクとなっています。

◉ F. [éf](エフ)緑の花の定期便のサブスク 申込む前に読む辛口検証記事はこちら

◉違う月のハナノヒ受け取り花はこちら

【2023年2月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2023年 1月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年12月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年11月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年10月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 9月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 8月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 7月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 6月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 5月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 4月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 3月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 2月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2022年 1月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2021年12月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2021年11月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2021年10月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2021年 9月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2021年 8月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2021年 7月】ハナノヒのイクハナ受け取り花

【2021年 7月】ハナノヒのココハナ受け取り花

【2021年 6月】ハナノヒのココハナ受け取り花

【2021年 5月】ハナノヒのココハナ受け取り花

◉ 花別ピックアップ

やっぱり薔薇が好きという方に

【ハナノヒのバラ特集①春夏編】受取り薔薇32本

【ハナノヒのバラ特集②秋冬編】受取り薔薇24本

タイトルとURLをコピーしました