本サイトは解説内容により広告リンクを含む場合があります

合格へ近道!土地家屋調査士合格率が高い・合格者数が多い予備校・講座はここ

土地家屋調査士の合格率が高い予備校やスクールを知りたい!

土地家屋調査士の合格者が多い予備校やスクールを知りたい!

あまり注目されませんが、資格講座試験の合格率と合格者数のランキングを見ると、予備校・講座の真の実力が判ります!明確な合格への近道が一目瞭然

この記事でわかること

合格率が9〜10%前後の難関資格である土地家屋調査士試験ですが、合格率を上げるための方法として調査士合格率が高い予備校やスクールに通う、または、合格者を多く輩出している予備校やスクールに通うという方法を検討している方に!

土地家屋調査士の合格率が高い予備校やスクール、合格者数が多い予備校やスクールを比較ランキングでご紹介します

① 調査士の合格率が高い予備校・講座(令和4年:2022年) 最新

② 調査士の合格者数が多い予備校・講座(令和4年:2022年) 最新

③ 土地家屋調査士試験 2022年(令和4年)合格率 最新

④ 土地家屋調査士合格率の推移

① 調査士の合格率が高い予備校・講座

2022年(令和4年)土地家屋調査士試験について、受講生の調査士合格率を公表しているスクールは2社のみでした。ただし、2位のLECは、特定コース・パック受講生かつ直前ファイナル答練(全8回)の答案をすべて提出者という条件付き合格率のためご注意ください。

合格率を公表するということは自信があるということで、1位アガルート受講生の合格率はなんと50%超という合格率を誇ります。なお、2022年(令和4年)の調査士試験の合格率は、9.62%(受験者数 4,404人、合格者数 424人)となっています。

2022年 土地家屋調査士 合格率ランキング ベスト3

ナンバー❶ アガルート 合格率 53.65%

 全国平均合格率の5.58倍!

ナンバー❷LEC     合格率 29.30%

 ⚠️特定コース・パック受講生かつ直前ファイナル答練(全8回)答案全提出者

 全国平均合格率の3.04倍!

② 調査士の合格者数が多い予備校・講座

2022年(令和4年)土地家屋調査士試験について、受講生の調査士合格者の人数という形で合格実績を公表しているスクールについて、合格者数についても比較してみました。実は合格者の人数を公表いているスクール・講座は2社のみでした。

2022年 土地家屋調査士 合格者数ランキング ベスト2

ナンバー❶ 東京法経学院 合格者数 309名

ナンバー❷ アガルート  合格者数 206名

東京法経学院の合格者専有率は実に72.88%

知っ得メモ

東京法経学院の合格者 309人の内訳

*講座受講生 171人(40.3%)

*短期講座受講生 89人(21.0%)

*メディア講座受講生 49人(11.6%)

*全合格者 309人(72.9%)

東京法経学院の絶対的なノウハウをどう活用するかがポイント

おすすめ各スクールの代表的な講座比較

土地家屋調査士 総合コース(答練21回)(通信講座)

 273,700円(税込)

土地家屋調査士試験合格サイト 東京法経学院

❷ アガルート 一発合格カリキュラム ライト(通信講座)

 272,800円(税込)

アガルート 土地家屋調査士 講座

やはり口コミ評判も気になる!

調査士合格のポイントは?合格者の多くが両講座を併用

二択のポイントは?

調査士といえばここという合格専有率の合格ノウハウ

VS

驚愕の合格率最新講座で予備校とWebのいいとこどり

現在のトレンドは、どちらか選ぶのではなく、どう組み合わせるか です。それぞれの特徴を知ると、自分に合う組み合わせが見えてきます。迷うのは、軸をどちらにするかだけ!

③土地家屋調査士試験 2022年(令和4年)合格率

直近の土地家屋調査士試験の結果について合格率と概要はこちらです。ここ数年は概ね9〜10%の間で推移していて、前年より若干合格率がダウンして10%を若干下回る合格率9.62%となっています。

法務省のウェブサイトにいろいろな情報が開示されていますので興味がある方はご参照ください。

【令和4年(2022年)土地家屋調査士試験の結果概要】

① 合格率       9.62%    (前年 10.47%)

② 合格者数      424人    (前年 404人)

③ 受験者数      4,404人    (前年 3,859人)

※法務省ウェブサイトの土地家屋調査士試験のページはこちら

④ 土地家屋調査士合格率の推移

過去から2022年まで10年間の合格率と合格者数の推移です。概ね合格率は9〜10パーセント前後で推移していますが、年度によって若干の上下があります。令和4年の合格率は9.62%と10%に若干満たない結果となっています。

年度受験者数 合格者数 合格率 
令和4年度4,404人424人9.62%
令和3年度3,859人404人10.47%
令和2年度3,785人392人10.36%
令和元年度4,198人406人9.68%
平成30年度4,380人418人9.54%
平成29年度4,600人400人8.69%
平成28年度4,506人402人8.92%
平成27年度4,568人403人8.82%
平成26年度4,617人407人8.82%
平成25年度4,700人412人8.77%

まとめ

いかがでしたでしょうか?課題は解決しましたか?

土地家屋調査士の合格率が高い予備校やスクールを知りたい!

土地家屋調査士の合格者が多い予備校やスクールを知りたい!

合格率はアガルート、合格者数は東京法経学院がトップでアガルートも2位につけています。実績に合格者の多くがアガルートと東京法経を併用していて、合格者数合計が全体合格者数を上回っています。

調査士合格のポイントは?合格者の多くが両講座を併用

二択のポイントは?

調査士といえばここという合格専有率の合格ノウハウ

VS

驚愕の合格率最新講座で予備校とWebのいいとこどり

現在のトレンドは、どちらか選ぶのではなく、どう組み合わせるか です。それぞれの特徴を知ると、自分に合う組み合わせが見えてきます。迷うのは、軸をどちらにするかだけ!

他の不動産関係資格の合格率・合格者数も知りたい!

【宅建の合格実績ランキング】

【行政書士の合格実績ランキング】

【マンション管理士の合格実績ランキング】

【管理業務主任者の合格実績ランキング】

【賃貸管理士の合格実績ランキング】

【競売不動産取扱主任者の合格実績ランキング】

タイトルとURLをコピーしました