本サイトは解説内容により広告リンクを含む場合があります

忘れる前にAIが鬼出題!スタディング宅建“AI問題復習”の価値とは

宅建の試験勉強でこんな悩みがありませんか?

*間違えた問題の復習がついつい後回しになる

*復習しないから知識が定着しない

*復習まで時間が空き過ぎて忘れる

*復習に時間がかかり過ぎて全部終わらない

*ちゃんと知識が定着しているのかわからず不安

実はスタディングの“AI問題復習”で解決できます

この記事を読むと、スタディングの画期的ツール“AI問題復習”の機能と使い方、利用者の口コミ評判が理解できて、効率的に得点アップが図れる理由か理解ができます。

導入されて間もない今のうちに、ご自身の学習に取り入れて、効率的に得点アップを目指しましょう。

速報 スタディング宅建講座 2022年宅建士合格者 854名!あのフォーサイト2022年宅建士合格者数872名に迫る勢い!

❶宅建士講座のAI問題復習とは?

スタディング宅建講座の“AI問題復習”機能とは、AIが過去の短期合格者復習タイミングをベースに、受講者一人ひとりにとって最適なタイミングで復習問題を毎日自動的に出題する機能です。

イチ押し 新機能 早い者勝ち

スタディングのAI問題復習とは?

スタディングのAI問題復習は、AIが最適なタイミングで復習問題を自動出題する画期的な機能です。

AI問題復習は合格できない原因を解決します

従来の復習方法にはこんな問題があり、合格できない原因でした。

*復習しないから定着しない

*復習まで時間が空き過ぎて忘れる

*復習に時間がかかり過ぎて全部終わらない

この致命的な問題を、自動で効率よく解決して合格確率を上げるのがこのAI問題復習です。

鬼管理 完全に定着できるまで毎日何度も繰り返し出題

毎日、今日解くべき問題が自動的に出題されるため、効率的に復習ができます。

“本日の問題”が全て完了すれば、このメッセージは表示されなくなります。

日々AI問題復習を繰り返すことで、最終的に全ての問題の理解度が100になれば、全部の問題が完全に理解できた、ということです!

結果として、少ない勉強時間(労力)で、効率的に実力を高めるのが、AI横断復習の目的です。

導入されて間もない今のうちに、ご自身の学習に取り入れて、効率的に得点アップを目指しましょう。

(参考)宅建士講座の復習プラン設定は?

AI問題復習の出題ペースは講座によって異なります。宅建士講座では、スタディングを利用して宅建士試験に合格した方のペースを参考に独自に設定されています。

標準の復習回数5回
得意な範囲の復習回数   2回
苦手な範囲の復習回数7回以上
標準学習期間6ヶ月前後   

間違えた問題の復習が大事なのはわかっているんだけど、ついつい後回しになる!AI問題復習の鬼管理は助かる。

忘却曲線に沿って最適なタイミングで出題されるから、ムダなく効率的に定着が図れるんですね。

単元を進めたい時期に復習問題数が多すぎる時は、設定変更で1日あたり最大問題数を減らしたり、完璧度を下げたり調整できて便利!

導入されて間もない今だからこそ、日常学習に取り入れたい機能ですね。この機能を利用するために、スタディングを選んでも間違いない価値です!

スタディング 宅建士(宅地建物取引士)講座

❷宅建士講座AI問題復習の機能とは?

スタディングのAI問題復習は、AIが最適なタイミングで復習問題を自動出題する画期的な機能です。間違えた問題の復習が大事と頭ではわかっていても、先延ばしにしたり復習に時間がかかり過ぎたり、非効率が発生します。AI問題復習機能は出された復習問題を解くだけで、最適な時期に効率的に実力をアップすることができます。

自然に復習を繰り返すことで定着を図る

忘却は人間のメリットとも言われますが、資格受験勉強では効率よく覚えて定着を図りたいものです。ですからエビングハウスの忘却曲線を出すまでもなく、人間は一度覚えたことでも時間が経つと忘れてしまいます。
AI問題復習では、最初はすぐに忘れてしまうことでも、復習を繰り返すことでしっかり覚えることができる人間の性質を利用し、最適なタイミングで復習問題を出題します。最初は短い出題間隔で出題し、記憶が定着してきたら長い出題間隔にすることで、効率的に復習できるようにしています。

正解すると“理解度”が増える

AI問題復習では、受講者ごと、問題ごとに「理解度」という数値を持ち、問題を正解すると理解度が増え、理解度が大きくなると次回の出題間隔が長くなります。逆に問題を間違えると、理解度が減り次回の出題間隔が短くなります。

つまり、理解度が低い問題、間違った問題を、短い間隔で出題することにより、苦手な問題でも効率よく覚えることができる仕組みです。

合格できない原因を解決する

従来の復習方法にはこんな問題があり、合格できない原因でした。

*復習しないから定着しない

*復習まで時間が空き過ぎて忘れる

*復習に時間がかかり過ぎて全部終わらない

この致命的な問題を、自動で効率よく解決して合格確率を上げるのがこのAI問題復習です。

AI問題復習の特長とメリット

AI問題復習では、設問ごとに「理解度(現在どれぐらい確実に覚えているかを表す数値)」を記録し、一度解いた問題の復習のタイミングが自動的に設定されます。これにより、毎日、今日解くべき問題が自動的に出題されるため、効率的に復習ができます。

*問題を忘れずに復習できる

毎日、今日解くべき問題が自動的に出題されるので、復習を忘れない

*AIが最適なタイミングで出題

AIが復習するのに最適なタイミングで出題するため、効率的に実力アップ

*少ない時間で実力をアップできる

理解度が低い問題から出題され、理解度が高くなるにつれて出題間隔が長くなるため、時間を効率的に使える

スタディング 宅建士(宅地建物取引士)講座

❸宅建士講座AI問題復習の活用方法

AI問題復習の利便性と効果をイメージしやすいために活用方法を解説します。基本操作は、とても簡単です。AIがベストなタイミングで毎日の復習問題を自動で出題してくれるため、どの問題を復習するかに悩む必要がありません。余計な手間をかけずに問題復習だけに専念できます。

 AI問題復習トップページ

AI問題復習を行うには、スタディングのマイページに表示される「AI問題復習」をクリックするだけ。とても簡単です!

スマホ

パソコン

毎日の始め方は至ってカンタン

使い方はとてもカンタンです。 最初に「本日の復習問題数」を確認しましょう。ここには今日復習すべき問題数が表示されています。 あとは、「問題復習を開始する」ボタンをクリックすれば、復習問題が開始されます。

AI問題復習の機能を知りたい

AI問題復習トップページでは、今日行うべき復習問題の数が表示されており、問題復習を開始することができます。さらに、復習のレポートを見たり、細かい設定したりする事ができます。

また、AIを使わず、手動で復習する問題を指定する「カスタムモード」で復習することも可能です。

❶AIモード

今日解くべき問題が、最適なタイミングで自動的に出題されるAIモード

❷カスタムモード

手動で問題を選択し復習出来るカスタムモード

❸本日の復習問題数

今日復習すべき問題数が表示されます。今日復習が出来なかった場合は、翌日の出題問題として加算

❹AIモードについて

AI問題復習の機能説明ページへ移動

❺AI問題復習レポート

AI問題復習レポートページへ移動して復習履歴・復習予定・理解度の分布を確認

❻AI問題復習設定

AI問題復習設定ページへ移動

❼明日以降の復習を行う

明日以降に復習する予定の問題を、今日復習する問題として設定できる

❽出題一覧

選択した問題の復習を開始

AI問題復習が終了すると、結果画面が表示されます。出題一覧の表では、問題毎に理解度がどう変化したのかが表示されます。理解度が100(もしくは設定した理解度)になると、問題は完了して出題されなくなります。

AI問題復習の結果画面

AI横断復習で間違えた問題がある場合や、自己評価が低い問題がある場合、本日の問題は完了しません。この場合は、結果画面の下の方に、再度、AI問題復習を促すメッセージが表示されますので、もう一度AI問題復習を行いましょう。

“本日の問題”が全て完了すれば、このメッセージは表示されなくなります。

日々AI問題復習を繰り返すことで、最終的に全ての問題の理解度が100になれば、全部の問題が完全に理解できた、ということです!これを目指して頑張りましょう。

AI問題復習その他の便利機能

AI問題復習は基本的に簡単な操作で行うことができますが、様々なカスタマイズ、情報表示ができる高度な機能も搭載されています。ここからは応用的な機能を紹介します。

出題一覧と出題範囲の変更

今日の問題を始める前に、出題される問題の一覧を確認することができます

上記の出題一覧画面で、さらに今日解くべき問題を絞り込むことができます

AI問題復習レポートを見る

AI問題復習には、学習に役立つ様々なレポートが搭載されています。

❶今日の問題

今日復習すべき問題数を表示

❷今日終了

今日終了した問題数を表示

❸完了した問題

目標としている理解度まで達した問題数を表示

❹学習中の問題

学習中の総問題数を表示

復習履歴と理解度チェック

毎日問題を解いた問題数を集計しグラフ表示します。毎日どれぐらい復習しているかを確認できます。

復習している問題の理解度の分布をグラフ表示します。復習問題の理解度がどれぐらいか、完了している問題がどれぐらいあるか等を確認できます。

スタディング 宅建士(宅地建物取引士)講座

❹宅建士講座AI問題復習の仕組み

AI問題復習は、受講者が考えなくても最適なタイミングで復習問題を出題してくれる便利な機能です。そのため、内部の仕組みを知っている必要はありませんが、仕組みを知るとよりAI問題復習の凄さと勉強効果の高さが理解できます。

理解度と復習間隔(インターバル)

AI問題復習では、問題ごと、受講者ごとに理解度という数値を持っています。問題を正解するたびに理解度は増え、理解度が100(もしくは設定した値)になると問題は「完全に理解した」とみなして完了となります。

これらは、理解度が高い記憶は、忘却しにくくなり、思い出せる確率(正解率)が高まるという、人間の記憶の性質を利用しています。これを図解したのが以下の図です。

結果として、少ない勉強時間(労力)で、効率的に実力を高めるのが、AI横断復習の目的です。

AIを利用した復習間隔の最適化

スタディングでは、多くの受講者の方が日々問題を解いており、膨大な学習履歴がデータベースに蓄積されています。

その学習履歴をもとに、上の図のように、問題の理解度と、復習間隔(インターバル)、問題の結果(不正解、難しい、普通、簡単)の関係を表すグラフを作成できます。例えば、あるユーザがある問題(理解度50)を前回解いてから3日後で解いたとき、結果が普通(正解)だった場合には、理解度50、インターバル3日を表す場所に「〇」をプロットします。 こうすることで、上の図のように問題練習の結果データを、たくさんのプロットとして表現できます。

人間の記憶の仕組みを利用し、機械学習を活用して効率的な問題復習を実現したのが、AI問題復習機能です。

宅建士講座の復習プラン設定は?

AI問題復習の出題ペースは講座によって異なります。宅建士講座では、スタディングを利用して宅建士試験に合格した方のペースを参考に独自に設定されています。

標準の復習回数5回
得意な範囲の復習回数   2回
苦手な範囲の復習回数7回以上
標準学習期間6ヶ月前後   

❺宅建士講座AI問題復習の口コミと評判

まだ知る人ぞ知るスタディングの最強ツール“AI問題復習”ですが、宅建士講座受講者の皆さんはすでにフル活用されているようです。ここではTwitter情報をベースに口コミ評判をピックアップしました。

AI問題復習 機能がとにかく便利でお気に入り!

AI復習機能を表現する言葉として、とにかく便利!という言葉がふさわしいですね。実際に利用している受講者の皆さんは、すでにそれを実感しているようです。

色々考えるより、時間ギリギリまで問題を解く!

いろいろな段取りは必要なく、目の前の復習問題に専念できる幸せ!

❻宅建士講座で使えるその他の画期的AIツール

実は、AI学習プラン機能以外にも、スタディング宅建士講座では学習に役立つAIツールが利用できます。それが、“AI学習プラン”と“AI問題復習”です。

画期的AIツール① AI学習プラン

AIが受講者一人ひとりに最適化された学習計画を自動で作成する機能です。受講者が確保できる学習時間と、学習をスタートする日を入力することで、AIが、過去の受講者による膨大な学習履歴データを分析して、最も得点が伸ばしやすい試験日までのスケジュールを個別に作成します。

注目の新機能 AIが自分だけの学習プランを作成してくれる

スタディング AI学習プラン 機能

確保できる学習時間スタートする日から、AIが過去受講者の膨大な学習履歴データを分析して、最も得点が伸ばしやすい科目や講座の組み合わせスケジュール個別に作成します。

こんな悩みを解消できます

*学習計画の立て方がわからない

*試験本番に間に合う学習ペースを知りたい

*計画を立てるのに時間がかかる

*自分で作成した学習計画で合格できるか心配

*予備校に通ってプラン相談する時間とお金がない

AI学習プランを見れば「今日、何をどこまでやればいいのか」がわかります。モヤモヤを解消して目の前の学習に集中できます。

導入されて間もない今のうちに、ライバルに先んじてご自身の学習に取り入れて、最短プランで得点アップを目指しましょう。

【機能と仕組みと使い方はこちら】

【宅建士講座のAI学習プランを徹底解説】

画期的AIツール② AI実力スコア

現在の実力をリアルタイムで確認できる機能です。今、本番試験を受けた場合に、何点取れるのか?宅建受験生の中で現在何位なのか?毎日勉強を積み重ねることでレベルが上がっていきますので、ゲーム感覚でモチベーション維持できます。負けず嫌いな方は燃えるはず!

新機能 いまがチャンス

AI実力スコア機能とは

あと何点で合格できる?足りない分野はどこ?

現在の実力をリアルタイムで確認できる機能です。今、本番試験を受けた場合に、何点取れるのか?を、AIを使って予測します。

さらに、科目別に受験生の中の位置付けもわかる!

科目別や細かい単元別のスコアを見ることが可能。苦手な単元を把握して、効率的に試験勉強をすることができる

日々の勉強の進捗が見えるからモチベーション維持にも最適!

❼スタディング宅建士講座のコースと選び方

スタディングの講座はコスパよくスマホで学習が進められると評判ですね

育児や通勤の隙間時間が活用できてほんと助かる

割引キャンペーンや合格お祝い金があるのでさらにお得!

スタディング(STUDYing)とは

スタディングメソッドとは(公式サイトより)

スタディングでは、長年にわたり、短期合格者がどのように学習しているかの研究を行ってきました。さらに、心理学、脳科学など、人間の能力向上に関する知見を組み合わせることで、だれでも短期合格者と同じように効率的に実力を高めるための独自の勉強法「スタディングメソッド」を磨き上げてきました。

「スタディングメソッド」には7つの原則があります。すべてのスタディングのコンテンツ(講座)はこの「スタディングメソッド」に沿って自社で開発されており、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるようになっています。

また、受講者が学習するためのシステム(学習システム)もスタディングメソッドを実現するために自社で開発され、日々、機能拡張や改良を重ねています。

さらに、受講者がスタディングで学ぶことで、学習データが蓄積されます。その学習データから、上達が早い人の学習方法や行動履歴を分析し、それをスタディングメソッドの改良やコンテンツ開発や学習システムの開発に生かしているのです。
スタディングが目指しているのは、人間の能力を最大限に引き出し、最短時間で習得できるコンテンツ、学習システムを提供することです。

通勤講座の名前でも有名なスキマ時間活用を前提としたメソッドで、忙しい社会人でもムリなく着実に学べる仕組みをいち早く導入し、オンライン資格市場の先駆けであるスタディング。

東証上場企業のトータル20万人以上シェア1位のノウハウを集約した、インターネット&スマホ資格講座の代表格です。時代の寵児とも言えるこの学習メソッドを見逃す手はないですね。

宅建士(宅地建物取引士)講座の概要

❶ 講座名:

宅建士(宅地建物取引士)講座 合格コース

そのほかに、直前対策講座、合格模試、テキスト冊子版 のオプションも準備されています

❷ 講座の形態:

動画講義、テキスト、過去問集、答練・模試まで全ての対策がスマートフォンひとつで完結します。

❸ 講座内容:合格に必要不可欠な対策を凝縮

短期合格セミナー1回
基本講座(ビデオ・音声)77講座* 合計約32時間*  
WEBテキスト各基本講座にWEBテキストが付きます
スマート問題集77回*
セレクト過去問集30回*
13年分テーマ別過去問集48回*

*内容は予告なく変更される場合があります

❹ 金額:

19,800円(一括)分割可能

❺合格までの流れ

チェック

スタディング宅建士講座の講師は?

竹原 講師

メッセージ

ただ進めるだけで、短期合格者が実践した勉強法を追体験できる画期的な行政書士講座です。多くの受験生が間違った方法で勉強しています。スタディングでは、勉強法に迷うことなく、合格者と同じ方法で勉強できるため、着実に合格することができるのです。

経歴

1963年東京都港区生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。行政書士をはじめ宅建、貸金業務取扱主任者、マンション管理士、など数多くの国家試験や検定試験について、20年以上にわたりその教材作成や講義を務める。長年の受験指導で培った合格のノウハウを初学者にもわかりやすく伝える講義は好評を博している。

多くの資格試験対策の講師や参考書執筆を長年行う受験のプロですね。ツボを押さえた講義と教材で安心して取り組めます。竹原講師を辿ってスタディングを始める受講生が多数発生中!

スタディング 宅建士(宅地建物取引士)講座

ナンバーワンポイント

なんといってもスマホでスキマ時間に学習するために開発された学習メソッド。

従来の紙ベースのテキストや講義の動画を単にスマホで閲覧できるということではなく、短期間で集中的に繰り返すことで記憶に定着させるコンテンツ学習システムによって、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるよう設計されています。

スタディングの王道

講義動画→問題演習→過去問→AI問題復習 全てスマホ完結

初学者がとっつきにくい専門用語も動画から入ることで自然と頭に入ります。あとはひたすら問題演習と過去問を解きまくり、鬼とも言われるAI復習で合格圏まで持ち込みます。これら全てが、机に向かってテキストを開くことなくスマホでスキマ時間にコツコツ積み重ねることができます。まさに新スタンダード。

宅建講座の客観的メリット

スタディングと宅建士講座の客観的メリットは以下のとおりです。

メリット①スマホ学習に最適化

おすすめポイントは何といってもこれまでの通信教育とは一線を画す学習メソッド。通学講座の講義や冊子テキストを単にスマホで閲覧できるのではなく、人間の能力を最大限に活かして最短時間で習得できるコンテンツです。これが合格者からテンポよく学習サイクルを回すことができたと評価される独自メソッドになります。

メリット②価格が安い

スタディングの言葉を借りると、「合格に関係ない事にかかるコスト」を極限まで削減し、ITを活用した革新的な学習システム・運営システムを開発した結果、運営コストを大幅に削減することができた、という理由です。

メリット③勉強仲間機能

低価格と最短合格を追求しているスタディングでは効率化追求でドライなイメージがありますが、実は勉強仲間機能というアナログな機能があります。ツイッターなどSNSでの勉強仲間もありますが、同じスタディングで学ぶ同志でありライバルの存在がモチベーション維持には効果的です。

宅建講座の客観的デメリット

スタディング宅建士講座を始めてから、こんなはずじゃなかったと後悔しないようにデメリットもあらかじめ知っておく必要があります。

デメリット①冊子テキストがない

この後の口コミでも指摘されていますが、紙ベースの参考書や問題集に慣れている方には戸惑いがあるかもしれません。とはいえ、どうしも紙ベースで勉強したいという方はテキスト冊子版のオプションがあります。

デメリット②合格率が非公表

オンライン講座ということもあり合格実績は公式には公開されていません。でも合格体験記の数から真剣に最後までスタディングで受験勉強をした人の合格率は高いのではと考えられます。そもそも合格率の計算にはマジックがあって、母数を受講者とするか実際に会場で受験した人数とするかで結果が大きく変わりますのであまり意識する必要はありませんが。

デメリット③質問ができない

仕組み上、講座についての質問ができません。ここはフルサポートのスクールではないと割り切った上で、講義と問題演習をフルに活用するというスタンスで考えましょう。

口コミ情報

ネットやSNS上での口コミ情報は実はあまり多くはありませんが、実際に受講されている方からの良い点と悪い点をまとめると概ねこのようなコメントが見られます。

口コミ:❶ スタディング宅建士講座の良いところ

・コスパとスキマ時間からウェブとスマホ完結はありがたい

・シンプルで余計な情報が入ってこないのではかどる

・勉強仲間機能はモチベーション維持に役に立った

価格がリーズナブルなので手軽に入門用として全体概要の把握ができます。無駄な情報がないので効率的に勉強が続けられます。勉強仲間機能でモチベーション維持もできます。

口コミ:❷ スタディング宅建士講座の悪いところ

・ウェブだけで完結は好き嫌いが分かれるところ

・講師に質問ができないのが残念

・AI復習問題が多すぎて鬼!

冊子テキストがなくウェブだけで完結なので、まず慣れが必要です。AI復習問題は間違えた問題を定期的にスマホで復習できるスタディングの最新機能であり、スタディング合格者アップの秘密とも言える画期的な機能です。これを乗り越えて実力アップを図りたいものです。

こんな人に、こんな使い方、を提案

いかがでしたでしょうか。スタディング宅建士(宅地建物取引士)講座の全体像がイメージできましたでしょうか?最後にまとめとして、こんな人に、こんな使い方、を提案します。

❶ 宅建士受験勉強を始めたばかり、またはこれから始めようと準備中の方

まずは宅建試験に向けて勉強を始めるにあたり入門用として学習範囲の全体像把握に活用できます。

❷独学で過去問中心に勉強していてプラスアルファを検討している方

日々の勉強は過去問中心が王道と考えていますが、毎日続けていても進歩している実感がなく挫折しそうになることがあります。スランプやマンネリを感じて何か始めようとする場合に、費用や時間の負担が大きい講座を選ぶと消化しきれず益々進めなくなるものです。そんな時に、知識の補足や定着を図るためにちょうどいいと思います。

❸低価格でスキマ時間を活用してステップアップしたい方

無駄を省いたスマホ完結型の最短合格メソッドが詰まった講座です。まだ一般的に浸透途上の今だからこそいち早く自分の勉強法として取り入れてライバルに差をつけましょう。

スタディング(STUDYing)

講座名:合格コース

本格的にスマホで通常学習もスキマ時間活用も両立するならここ!

通勤講座として知られたスキマ学習の代名詞

指標評価ポイント
リーズナブル度    ★★★★★ (1万円台)
実績・ノウハウ★★★★
スキマ時間活用★★★★★
総合評価★★★★★

スマホで学べるオンライン資格講座といえばここ。宅建士合格コースという総合講座でリーズナブルな価格で受講できます。

❶講義映像、テキスト、過去問・演習・模試まで全てWEBでできる(紙のテキストなし)

❷以前の通勤講座の名前でも有名なスキマ時間活用を前提としたメソッドで忙しい方でもムリなく着実に学べる仕組み

❸オンライン資格市場の先駆けマザーズ上場企業のトータル10万人以上シェア1位のノウハウ集約

まずは無料体験!合格法と活用術の無料セミナーと講座の初回版(ビデオ講座、テキスト、暗記ツール、過去問集など)が体験できます!

◉ まずは不動産業界の最新情報を収集なら

 宅建取得者も資格がない方も、不動産業界経験者も未経験者も OK

 不動産業界に精通したプロのアドバイザー>その名も宅建Job

不動産業界を専門にした転職支援サービス【宅建Jobエージェント】

他の宅建士講座と迷っている方に

合わせて読みたい、宅建士受験に役立つ情報はこちらから

タイトルとURLをコピーしました