異変あり?大学併願W合格者進学先 筑横千VS難関私大(理系編)

国公立大学と難関私大に両方とも合格したらどちらに進学するべきか?

と疑問を持つ高校生や大学受験生はもちろん、受験生の親御さんもとても気になるところです。大手予備校の偏差値ランキングではわからない現実が見えるかもしれません。

なぜなら、W合格者進学先データとは、実際に両方の大学に合格した受験生が真剣に選んだ結果であり、様々な要素が反映された結果だからです。

その反面、注意すべき点としてそれぞれの受験生の将来的な専攻志望や居住地域、学費に対する考え方などにより個人的事情が反映されるものであり参考として捉えるべき側面もあります。

今回は、首都圏の難関国立大学である筑横千 VS 難関私大 (理系編)の比較です

念のためですが、筑横千とは首都圏の旧帝一工に次ぐ難関人気国立大学である、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学の頭文字を取って「つくよこち」と読みます。

医学部はもちろん、難関国立大学ですから第一志望の受験生が大半とは思いますが、早慶など私立トップ校との比較となると興味深いところです。文系と理系で結果に差があるかどうかも気になる所です。前回に引き続き今回は理系編です。

2019年の東進ハイスクールのデータを週刊朝日がまとめたものが公開されていますが、同様の趣旨で東進ハイスクールのW合格者データから2020年データで纏めてみました。

左側に筑波、横国、千葉を配置しています。

まずそれぞれの3大学で併願大学が異なるようです。また、慶應義塾大学理工学部は合格発表が国公立大学の2次試験より前なので、慶応理工志望の受験生は2次試験を受験していないので併願者データが少ないのかも知れません。

筑波大学は、

慶應との併願データがありませんが、理工学部は早稲田大学創造理工学部とのW合格者の3人に2人が選択していることになります。とはいえ東京理科大学や青山学院大学への進学者もいてバラエティにとんだ結果が見て取れます。

横浜国立大学は、

理工学部では早稲田大学基礎理工学部や慶應義塾大学理工学部に多く辞退されている傾向があります。都市科学部では早稲田大学創造理工学部とのW合格者は全員横国を選択という結果ですが、建築学科かもしれません。

千葉大学は、

早慶との併願データがありませんが、東京理科大学や上智大学は辞退していることが見て取れますが、青山学院大学理工学部と半々に分けているケースも見られます。

特に理系ですと、学費の差が大きいため国立大学第一志望かと思いきや、横国と早慶では早慶が選ばれるケースも多く、国公立と難関私大との選択のボーダーラインを感じます。

受験科目の関係もあり、上智や理科大学との間には大きな溝がありそうです。ただ、青山学院大学が選ばれるケースも若干見られ、選択の多様化も見て取れます。

とはいえ、人数が少ないと大きくブレる要素が多分にあり、当然年度により異なりますので参考程度に参照頂きたいと思います。

◉ 計画的に難関大学を目指すならまずはZ会を検討ですね

学年別、中高一貫、高卒生 専用カリキュラムでいつからでも始められます

資料請求のうえ親子で一緒に考えて決めることをお勧めします

◉ 苦手科目の克服ならまずはスタディサプリ 公立高校生におすすめ

大学受験勉強は受身学習から卒業して、本人が主人公になって今必要な学習をすることが大事です。

学校や塾の授業に遅れをとっている、学校の授業では入試に間に合わない、そんな時は神授業でこっそり挽回しましょう。我が家もスタサプに救われました。

早い者勝ち【東京で一人暮らしスタートなら!まずはここをチェック】

*家具家電付きのワンルーム

*都内相場より安い月3.8万円〜(平均6万円台)

*敷金0円、礼金0円、仲介手数料0円!初期費用5万円のみ

*保証人不要

【このブログを書いている私は】

学歴は親からの贈り物 が信条ですが、周囲の中学受験を横目に息子は小中高は公立育ちで公立高校からの大学受験に臨むことになり、まずは親が情報を集めていく中で受験の真実を学びました。

塾やメディアとは違う受験生の親という立場で、受験生に役立つ率直な情報を発信しています。

受験生の親
「受験生の親」の記事一覧です。

タイトルとURLをコピーしました