本サイトは解説内容により広告リンクを含む場合があります

失敗しない!事前確認>オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)を辛口検証

オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)を始めるべきか迷っていませんか?

それも無理はありません。

実はいま受験の勉強方法にパラダイムシフトが起こっている

現在は受験の勉強方法の変換点にあって従来の塾や予備校などへの通学型からアプリやオンライン型にツールの拡大が進んでいて、これまでのように通学か通信教育や独学かという単純な選択ではなくなってきています。

インターネットとスマホの普及で勉強方法の選択肢が拡大

なぜなら、

インターネット環境の普及とスマホなど端末の利便性がアップしたため、まとまった時間をとって机に向かって勉強するという従来型の勉強スタイルに加え、通学やスキマ時間にスマホで動画や問題演習などが出来るようになっています。

それに伴って、勉強方法の幅が広がり様々な個性に合わせた便利な機能や方式が取り入れられていて、生徒にとっては選択の幅が広がり利便性がアップした反面でどれを選んだらよいかという悩みにつながります。

正しい情報収集と正しい判断が目標達成への重要ポイント

うれしい悲鳴とは言っていられず、自分が選ぶやり方によっては合否の明暗を分けるという重要な問題ということができます。

この記事では、

オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)を検討している皆さんが自分に合った正しい選択ができるように、特徴とメリット・デメリットや口コミなど客観的な評判とどんな受験生にお薦めかなど見解をまとめています。

この記事を読むと、

全体像が理解できて、なんとなく決めて後で失敗したと後悔することなく、自分で決めて始める決断ができます。

【目次】

①オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)の概要

②ナンバーワンポイント

③メリット

④デメリット

⑤口コミ情報・評判

⑥こんな人に、こんな使い方、を提案

生徒が憧れるような講師をマッチング【e-Live】

① オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)の概要と特徴

①ー1 オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)とは(公式サイトより抜粋)

子どもたちのやる気を伸ばす キッカケは「憧れ」

e-Liveの講師は、身近な先輩(志望している高校・大学出身、同じ中学、趣味が同じ、将来の目標が同じなど)で、お住いの地域だけでは出会うことのできない、 全国各地の大学に通う学生たちです。
生徒が憧れるような、目標となるような先輩たちと出会い、触れ合うことで、無限の可能性が引き出される。

『生徒のやる気を引き出す』がe-Liveの一番のテーマです。

特徴❶ 国内トップクラスの大学生講師陣

講師は求人などの一般募集はしておりません。私たちの教え子か、現e-Live講師からの紹介のみになります。
全国の一流大学の中から自由に講師を選ぶことができます。相性が合わない、成果が見られないなど、何らかの理由で先生を変更したい場合は無料で変更が可能です。

特徴❷ 安心の料金設定

受講した時間分しか料金がかかりませんので、月1,000円(税込1,100円)から受講出来ます。指導用テキストは講師が持っていますので、教材費はかかりません。オンライン指導なので、講師の交通費もかかりません。

特徴❸ 安心のサポート体制

システムは気になるけどパソコンやタブレットは少し苦手・・・e-Liveなら大丈夫です!!複雑なキーボード操作などはありません。初期セットアップから、受験後のサポートまで、専門スタッフが無料でサポートしていきます。

同じことを教わっても、尊敬できる先生から教わるのとそうで無いのとは大きな違いがあります。何を教わるかではなく誰から教わるかが大事と言われる所以です。この点を重視して具現化している e-Liveのコンセプトは共感できます。

オンラインなので、どこの地域でも東大生・医学部生の指導も可能という魅力もありますが、同じスポーツ・趣味をやっている先輩講師、志望している高校・大学出身の先輩講師、など人生の先輩として尊敬できる先生を見つけることができることが最大の魅力です。

授業の録画機能や直前集中特訓、家庭教師では珍しい模擬試験など、にわかオンライン家庭教師ではないオンライン家庭教師10年以上の実績がある e-Liveならではの特徴も魅力です。

①ー2 オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)の概要

❶ 対象:

小1〜高3(中学受験、高校受験、大学受験 対応)

❷ 料金目安:

◉ 入会金 28,600円(税込)

◉ 講師区分とコマ単価

Sランク 東大・京大・医学部医学科・東工大など

→ 1コマ(30分) 中高:3,500円(税込 3,850円)、小:3,000円(税込 3,300円)

Aランク 大阪・北海道・東北・筑波・東京外国語大など

→1コマ(30分) 中:2,500円(税込 2,750円)、小:2,000円(税込 2,200円)

Bランク 静大・信州・茨城・東洋大など

→1コマ(30分) 中:2,000円(税込 2,200円)、小:1,500円(税込 1,650円)

Cランク 淑徳・東京家政・東京福祉・神奈川大など

→1コマ(30分) 中:1,500円(税込 1,650円)、小:1,000円(税込 1,100円)

◉ 高校1年生~3年生

≪高校生コースはSランク相当の講師でのみ受講可能≫

ペース(参考)月謝(税込)
月4コマ《週1回1コマの場合 》14,000円(税込15,400円)
月8コマ《週1回2コマの場合 》28,000円(税込30,800円)
月12コマ《週1回3コマの場合 》42,000円(税込46,200円)
月16コマ《週1回4コマの場合 》56,000円(税込61,600円)

◉ 中学1年生~3年生

月4コマ ≪週1回1コマの場合≫

講師ランク月謝(税込)講師:参考大学
S14,000円(税込15,400円)東大・京大・医学部医学科・東工大 など
A10,000円(税込11,000円)大阪・北海道・東北・筑波・東京外国語大 など
B8,000円(税込8,800円)静大・信州・茨城・東洋大 など
C6,000円(税込6,600円)淑徳・東京家政・東京福祉・神奈川大 など

◉ 小学1年生~6年生

月4コマ ≪週1回1コマの場合≫

講師ランク月謝(税込)講師:参考大学
S12,000円(税込13,200円)東大・京大・医学部医学科・東工大 など
A8,000円(税込8,800円)大阪・北海道・東北・筑波・東京外国語大 など
B6,000円(税込6,600円)静大・信州・茨城・東洋大 など
C4,000円(税込4,400円)淑徳・東京家政・東京福祉・神奈川大 など


まずは、❶保護者向け説明→❷無料体験 からスタート

生徒が憧れるような講師をマッチング【e-Live】

②ナンバーワンポイント

なんといっても、尊敬できる先生との授業が録画できて復習できる点です。

経験から家庭教師利用の失敗例として一番よくないのは先生との授業中だけで勉強しようと思うことです。確かに解けなかった問題を先生に教えてもらって解けると気分が良く何となく分かったような気になるものです。

とはいえ、家庭教師の活用ポイントは解けない問題の考え方や答えの導き方を教えてもらったり、普段の勉強の方法を教えてもらうことです。ですから、授業を受けっぱなしではなく何度も復習ができるe-Liveの録画の仕組みはとてもメリットがあります。

その上、“目標にできる先輩”とのマッチングに力を入れるe-Liveですから、相性が良い尊敬できる先生の授業が復習できるので知識の定着と再現性の確保が可能になります。

③メリット

オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)の客観的メリットをまとめると以下のとおりです。

メリット① 授業録画で復習ができる

ナンバーワンポイントのところでも書きましたが、授業を受けっぱなしではなく何度も復習ができるe-Liveの録画の仕組みはとてもメリットがあります。これは、e-Liveが使用するWEB会議システムLiveOnの機能で行うことになります。

私たちの世代ではWebシステムの機能というと尻込みしてしまいますが、生徒たちはゲーム感覚で使いこなしてしまうものです。

メリット② 目的に応じて講師が選べる

オンラインかつ幅広い分野の講師を揃えるe-Liveであれば生徒の志望校に沿った先生を選ぶことができます。つまり、国公立の医学部を目指す生徒が郊外に住んでいれば近所で先生を探すのは非常に難しいですね。

そんなときに、このe-Liveを利用すれば、志望校の先輩から直接指導してもらうことができます。大学受験はもちろん、中高受験でもどのようなステップで日々の勉強を積み重ねていくかを直接教わることができます。

これはとても大事です。なぜなら、いくら学力が高くても東大文一に合格した先生に医大レベルの数学を教えることは無理があるからです。

メリット③ 講師がOBまたは現役講師の推薦という安心感

講師自らが家庭教師に教わって学力を伸ばした人という点は重視すべきです。いくら学力が高くても天才肌だったり独学で参考書で学力アップした講師だと、家庭教師として生徒に何を教えるべきか正確に理解できていない場合があります。

自分自身が家庭教師に教わって何が良かったか肌感覚で理解できている講師から教わることはとても大事です。また、e-LiveのOBまたは推薦という責任感が授業への姿勢に現れます。

それでも、相性が合わない、成果が見られないなど、何らかの理由で先生を変更したい場合は無料で変更が可能なので安心です。

④デメリット

オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)で勉強を始めてから、こんなはずじゃなかったと後悔しないようにデメリットもあらかじめ知っておく必要があります。

デメリット① 入会条件がある

生徒一人ひとりに本当の学力と生徒への対応の向上という目的から、e-Liveには入会条件があり、スタッフによる面談を受けて双方同意のうえ入会という段取りになります。これも、教育レベル維持のための必要事項と前向きに捉えて申込みたいものです。

デメリット② Webカメラ準備と設定が必要

e-LiveではZoomと並び評価が高いLiveOnという会議システムを使用しており、セキュリティや録画機能など利便性が高い仕組みですが、始める段階で設定が必要です。とはいえ、丁寧なサポートがありトラブルはなく安心のようです。

また、リアルタイム授業のために必要な機材としてWebカメラとペンタブレットがあります。カメラはPCに付属しているケースが多くペンタブレットは量販店やAmazonで購入可能ですが、e-Liveからレンタルまたは購入もできますので心配は不要です。

デメリット③ 費用は業界最安値ではない

e-Liveでは講師ランクをSからCの4段階で設定していて料金の差が大きいという特徴があります。費用重視であれば、低いランクの講師で、さらに30分など時間を短くすることで月額費用を抑えることができますが、理想の講師で受講を望むのであればある程度の費用を考慮すべきです。

⑤口コミ情報

ネットやSNS上での口コミ情報は実はあまり多くはありませんが、良い点と悪い点をまとめると概ねこのようなコメントが見られます。

口コミ:❶ オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)の良いところ・メリット

・子供の学力に合ったカリキュラムを組んでくれる

・子供のやる気を上手く引き出してくれる

・パソコンの設定も丁寧にサポートしてくれる

e-LiveのOB講師が多く子供の頃から努力してきた講師が多いので、教えるべきツボを押さえた的確な対応が期待できそうです。

口コミ:❷ オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)の悪いところ・デメリット

・ランクによる価格差が大きい

・結果が出たので満足ですが価格は高めという印象

・開始するまでに少し時間がかかる

やはり価格重視の選択肢としては向かないようです。また、事前にスタッフと保護者との面談、体験授業と講師マッチングなど、始める前に入念な準備が必要となります。とはいえ長く続けるためには必要な大事な工程ともいえます。

⑥こんな人に、こんな使い方、を提案

いかがでしたでしょうか。オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)の全体像がイメージできましたでしょうか?最後にまとめとして、こんな人に、こんな使い方、を提案します。

志望校や勉強の目的がある

中学・高校・大学を問わず志望校や進みたい道がある、または内申アップや苦手科目の克服といった目的がある生徒にはe-Liveはお勧めできます。なぜなら、目指すべき先輩がそこにいて目的に到達する道順を教えてくれるからです。

e-Liveでは、講師は大学ランクだけではなく、医学部医学科や文系・理系、部活動などの基準で探すことができます。また、学ぶ目的があれば事前に保護者との面談や体験授業で納得したうえで授業を始めることができます。

授業の内容をしっかり復習して定着したい

授業を受けっぱなしではなく何度も復習ができるe-Liveの録画の仕組みは是非とも活用すべきです。目指すところに既にいる先輩ですから、問題の解き方だけではなく心構えや日常生活などちょっとしたことも参考になる貴重な情報になるはずです。

安心して任せられる信頼できる先生を選びたい

家庭教師の先生を探そうと思ったときに最初の不安は、その先生がどんな人かわからないという点です。学歴や顔写真、プロフィールから判断していくことになりますが、本当に信頼できる先生かを見極めるのは至難の技です。

そんなときに、講師陣は一般募集をしておらず、教え子か現講師からの紹介だけというe-Liveは安心感がぐっと上がります。ただでさえ、生徒に合う先生を探すのが大変ですから、この前提があるだけで安心感が持てます。

オンライン家庭教師e-Live(イーライブ)

尊敬できる先生との授業を録画して復習できるオンライン家庭教師ならここ!

理想の先生を全国から見つけられるオンライン家庭教師です

指標評価ポイント
リーズナブル度     ★★★★
講師レベル★★★★★
利用システム★★★★★
安心・信頼性★★★★★
総合評価★★★★★

なんといっても尊敬できる先生との授業が録画できて復習できるのはここ

授業録画で復習ができる

目的に応じて講師が選べる

講師がOBまたは現役講師の推薦という安心感

こんな方にお薦め!

❶ 志望校や勉強の目的がある

中学・高校・大学を問わず志望校や進みたい道がある、または内申アップや苦手科目の克服といった目的がある生徒にはe-Liveはお勧めできます。なぜなら、目指すべき先輩がそこにいて目的に到達する道順を教えてくれるからです。

❷ 授業の内容をしっかり復習して定着したい

授業を受けっぱなしではなく何度も復習ができるe-Liveの録画の仕組みは是非とも活用すべきです。目指すところに既にいる先輩ですから、問題の解き方だけではなく心構えや日常生活などちょっとしたことも参考になる貴重な情報になるはずです。

❸ 安心して任せられる信頼できる先生を選びたい

家庭教師の先生を探そうと思ったときに最初の不安は、その先生がどんな人かわからないという点です。学歴や顔写真、プロフィールから判断していくことになりますが、本当に信頼できる先生かを見極めるのは至難の技です。

そんなときに、講師陣は一般募集をしておらず、教え子か現講師からの紹介だけというe-Liveは安心感がぐっと上がります。ただでさえ、生徒に合う先生を探すのが大変ですから、この前提があるだけで安心感が持てます。

まずは、❶保護者向け説明→❷無料体験 からスタート

オンライン家庭教師【e-Live】

タイトルとURLをコピーしました