本サイトは解説内容により広告リンクを含む場合があります

知っトク情報)間違いだらけの家庭教師選び 失敗の3パターン

受験に向けて成績アップのために家庭教師を検討する時に

どのように依頼先や先生を選択していますか?

実は、失敗したくないと思っていても、知らず知らずのうちに失敗パターンにはまってしまうことがあります。

なぜなら、受験生本人が自分が主役であることを認識してしっかりと考えないと、様々な利害関係から思い通りにいかなくなります。

でも大丈夫です。この記事で紹介する3つの失敗パターンを知り、それを避けることで目的に沿った家庭教師選びができるはずです。

NG① 言いなりのプランを組んでしまうこと

商売上の理由もあり、また親身になって本人の足りない部分の補足という理由からも、色々と理由づけをしてたくさんの時間やカリキュラムを組みがちです。

この点は特に受験生の親御さんにも注意していただきたいところです。息子の受験のときも周囲では講座を多くとり過ぎて過去問まで手が回らなくなった子もいます。

プロにお任せというと聞こえは良いですが、不要なものまで取り込んでしまうとゆくゆくは消化するのが目的になって、本来やるべきことが出来なくなります。

個性は一人ひとり違うものですから受験生本人に必要な内容だけを取り入れるべきです。結果的にトータル費用も節約できます。

NG② 家庭教師派遣会社や先生を信頼・尊敬できない

誰でも尊敬できる人の言うことは納得して聞きますよね。受験勉強という観点では、説明が理解しやすいとか、解き方や考え方がとても参考になるとか、解らないことを親身になって解るまで教えてくれるとか、講師や先生自身の能力に加えて心構えなどトータルで信頼・尊敬できるかが大事です。

受験生の親御さんは、進学実績やネームバリューだけで親が決めることなく、本人の意見をよく聞いて体験授業などを出来るだけ多く受講して決めることをお勧めします。

最初が肝心と思いますので、じっくりと考えて、親御さんはお子さんとじっくりと対話して決めると後悔がなくてよいと思います。

私の息子は高校受験からの惰性で塾通いをしていましたが、授業に出ても難しいことばかりで全く身に付かず時間のムダといって休みがちになり高校2年生の後半に辞めました。

この観点で、万が一最初に決めた家庭教師の方と上手くいいかない場合のために、変更可能を謳っているところがベターと思います。

NG③ 授業だけで勉強を習得しようとすること

授業では予め勉強して解らない問題などを質問して教わったり、問題を解くための考え方や頭の使い方を教わったり、問題集の選び方やスケジュールの立て方など、過去に上手くいったやり方や効率的なやり方を教えてもらうというスタンスが大事です。

逆説的ですが、授業で勉強をしようとしてはいけません。本当の知識の習得や定着は本来は自学自習で行なうものと考えるべきです。

いかがでしたでしょうか。考えてみると当たり前のことでも、実際に判断ができなくなることがあります。予め失敗パターンを知り、意識して避けていただければ大事な選択がうまくいくはずです。

タイトルとURLをコピーしました