本サイトは解説内容により広告リンクを含む場合があります

どっちが有益?行政書士講座【徹底比較】スタディングVSオンスク.JP

行政書士の試験対策オンライン通信講座として、 スタディングとオンスク.JPの二択で迷っている

それぞれの特徴を知ってどちらが自分に合っているか知りたい

この記事ではそんな要望にお応えします。

スタディングの行政書士講座はコスパよく、AIを駆使してスマホでスキマ時間を着実に積み重ねて、合格レベルまで学習が進められると評判ですね。人気の竹原講師の効果で合格者数も受講者数もうなぎのぼり!

オンスクは格安に月額税込1,078円で32時間の講義と多肢選択式問題を含めて593問の問題演習できるから、入門用として全体把握や直前期の総復習など、必要なときに必要な期間だけ短期集中でサクッと受講できるから、コスパもタイパも最高!

最先端のAI機能が使えるのもスタディングの魅力。間違えた問題をAIが短期合格者と同じペースで自動出題!毎日問題を得だけで復習により知識定着できる AI問題復習、これらが使えるだけでも価値があり!

オンスクはコスパが注目されがちですが、充実したコンテンツも評判です。それもそのはず、資格の学校TACの関連会社だから、格安でTACノウハウが凝縮されたオンライン講義が受講できるのも人気の理由!

この記事を読むと、

それぞれの講座の独自性とどんな方に向いているのかを5項目で比較します。これを読めば自分でどちらが良いかを判断して講座を始める決断ができます。

比較① こんな人はこちらを選択すべし

【賢者の選択①】

こんな方に

最先端のAI機能を駆使して、動画講義、テキスト、過去問答練まで全てスマホ完結でスキマ時間を最大活用したい

選ぶべき講座は

スタディング(STUDYing) 行政書士 講座 で決まり

ここがナンバーワン!

スマホでスキマ時間に学習するために開発された学習メソッド

旧通勤講座から続くメソッドで紙ベースのテキストを単にスマホで閲覧できるということではなく、短期間で集中的に繰り返すことで記憶に定着させるコンテンツ学習システムによって、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるよう設計されています。

2022年 行政書士 合格者数ランキング ベスト2

ナンバー❶ アガルート  合格者数 296名

ナンバー❷ スタディング 合格者数 160名

低価格で行政書士合格者数2位!コスパならスタディング一択

【賢者の選択②】

こんな方に

入門講座や総復習として受け放題サブスクで短期間に低価格でサクッと試験の全体を把握したい

選ぶべき講座は

オンスク.JP 行政書士 講座 で決まり

ここがナンバーワン!

始めやすい低価格でしかも月額制サブスクという他にないスタイル
約32時間の講義動画と593問の問題演習(スタンダートプランの多肢選択式問題演習含む)を試験の全体概要を把握するための入門用講座として、スキマ時間など利用してサクッと修了すればこれほど安くてリーズナブルな選択はありません。

また低価格だから内容はイマイチと思いきやそんなことは全くありません。それもそのはずオンスクは資格の学校TACのグループ会社で、講義動画やテキストにTACのノウハウが惜しみなくコンパクトに凝縮されています。

◉ この二択のポイントは?

最新AI機能とスマホ完結スキマ時間蓄積

VS

入門用や総復習に格安にサクッと集中受講

比較② それぞれの講座の客観的メリット

【賢者の二択①】スタディング 行政書士スタンダード講座

スタディング 行政書士対策講座の客観的メリットは次のとおりです。

メリット①スマホ学習に最適化

おすすめポイントは何といってもこれまでの通信教育とは一線を画す学習メソッド。通学講座の講義や冊子テキストを単にスマホで閲覧できるのではなく、人間の能力を最大限に活かして最短時間で習得できるコンテンツです。これが合格者からテンポよく学習サイクルを回すことができるた評価される独自メソッドになります。

スタディングの王道

講義動画→問題演習→過去問→AI問題復習 全てスマホ完結

初学者がとっつきにくい専門用語も動画から入ることで自然と頭に入ります。あとはひたすら問題演習と過去問を解きまくり、鬼とも言われるAI復習で合格圏まで持ち込みます。これら全てが、机に向かってテキストを開くことなくスマホでスキマ時間にコツコツ積み重ねることができます。まさに新スタンダード。

イチ押し 新機能 早い者勝ち

スタディングのAI問題復習とは?

スタディングのAI問題復習は、AIが最適なタイミングで復習問題を自動出題する画期的な機能です。

AI問題復習は合格できない原因を解決します

従来の復習方法にはこんな問題があり、合格できない原因でした。

*復習しないから定着しない

*復習まで時間が空き過ぎて忘れる

*復習に時間がかかり過ぎて全部終わらない

この致命的な問題を、自動で効率よく解決して合格確率を上げるのがこのAI問題復習です。

鬼管理 完全に定着できるまで毎日何度も繰り返し出題

毎日、今日解くべき問題が自動的に出題されるため、効率的に復習ができます。

“本日の問題”が全て完了すれば、このメッセージは表示されなくなります。

日々AI問題復習を繰り返すことで、最終的に全ての問題の理解度が100になれば、全部の問題が完全に理解できた、ということです!

結果として、少ない勉強時間(労力)で、効率的に実力を高めるのが、AI横断復習の目的です。

導入されて間もない今のうちに、ご自身の学習に取り入れて、効率的に得点アップを目指しましょう。

◉スタディング宅建講座のAI問題復習を徹底解説

さらに!学習レポート機能

学習進捗状況を可視化してモチベーション維持

スタディングで学習した時間や進捗状況が自動的に集計され、わかりやすいグラフと数値で表示されます。毎日の学習がグラフや数値となって見えるようになるため、学習するモチベーションが向上し、学習の習慣化に役立ちます。

メリット②価格が安い

スタディングの言葉を借りると、「合格に関係ない事にかかるコスト」を極限まで削減し、ITを活用した革新的な学習システム・運営システムを開発した結果、運営コストを大幅に削減することができた、という理由です。

さらに合格お祝い金制度があり、合格すると1万円が戻ってくるのでさらにお得であると同時にモチベーションも上がります。

メリット③勉強仲間機能

低価格と最短合格を追求しているスタディングでは効率化追求でドライなイメージがありますが、実は勉強仲間機能というアナログな機能があります。ツイッターなどSNSでの勉強仲間もありますが、同じスタディングで学ぶ同志でありライバルの存在がモチベーション維持には効果的です。

【賢者の二択②】オンスク 行政書士 講座

オンスク 行政書士講座の客観的メリットは以下の通りです。

メリット①とにかく低価格

おすすめポイントは何といっても月額制でリーズナブルな価格でこの内容の講義と演習が受講できることです。試験範囲の全体概要の把握や併用学習としてスキマ時間に知識の穴埋めなどに利用できます。価格のハードルが低いので、とりあえずでも試してみない選択はないですね。

メリット②ノウハウが凝縮された充実の講義

低価格だから内容はイマイチと思いきやそんなことは全くありません。それもそのはずオンスクは資格の学校TACのグループ会社で講義やテキストにTACのノウハウが惜しみなくコンパクトに凝縮されています。

メリット③スマホでスキマ時間の補足ツールにも最適

1コマ10分の講義動画と便利な講義スライド、復習機能つき問題演習、さらに学習管理機能もあるため、独学での学習もスムーズに行うことができます。

【得する情報】スケジュール管理はこれでバッチリ!

カレンダーやグラフ※を使って、学習時間や講座の動画と問題演習の進捗がわかる機能です。講義の動画と問題演習を学習するとグラフに進捗が反映されます。

比較③ それぞれのデメリット

【賢者の二択①】スタディング 行政書士スタンダード講座

スタディングの行政書士対策講座の客観的デメリットは次のとおりです。こんなはずじゃなかったと後悔しないように予め知っておく必要があります。

デメリット①冊子テキストがない

この後の口コミでも指摘されていますが、紙ベースの参考書や問題集に慣れている方には戸惑いがあるかもしれません。とはいえ、どうしも紙ベースで勉強したいという方はオプションの冊子テキスト版という方法があります。

デメリット②インプットの絶対量が少ない

こちらも口コミで指摘されていますが、講義演習が短く感じられるかもしれません。従来の参考書を詰め込む勉強に慣れていると物足りないと感じるかもしれません。逆にいうと、これが最短合格を目指すメソッドと言えそうです。

インターネット&スマホ資格講座の先駆者としてマザーズ上場企業のトータル10万人以上シェア1位のノウハウがあり、時代の寵児とも言えるこの学習メソッドを見逃す手はないですね。

デメリット③質問ができない

仕組み上、講座についての質問ができません。ここはフルサポートのスクールではないと割り切った上で、講義と問題演習をフルに活用するというスタンスで考えましょう。

2023年合格目標版から待望の質問チケットがオプションとなり、スタディングのデメリットがひとつ無くなりました。コースによっては有料オプションではありますが、万が一の場合に質問できるという安心感が違います。

【賢者の二択②】オンスク 行政書士 講座

オンスク.JPの行政書士講座の客観的デメリットは次のとおりです。こんなはずじゃなかったと後悔しないように予め知っておく必要があります。

デメリット①この講座だけでは完結しない

この後の口コミでも指摘されていますが、オンスクには動画講義と問題演習が含まれており内容には定評がありますが、絶対量という部分で合格までこれ一本では難しいと言えます。市販の問題集や過去問、または他の講座などと併用するのが良いようです。

デメリット②自分でしっかり進捗管理が必要

こちらも口コミで指摘されていますが、サブスクなので勉強を怠ると無駄になってしまいます。スキマ時間にオンスクを学習する習慣にするか、入門用講座と割り切って短期間でサクッと修了するか、二択が私のお勧めです。

デメリット③質問ができない

仕組み上、行政書士講座についての質問ができません。フルサポートの講座ではないことを理解して、講義と問題演習をフルに活用するというスタンスで考えましょう。

比較④ それぞれの口コミ情報

ネットやSNS上での口コミ情報は実はあまり多くはありませんが、総合的に良い点と悪い点をまとめると概ねこのようなコメントが見られます。

【賢者の二択①】スタディング 行政書士スタンダード講座

口コミ:❶ スタディング行政書士講座の良いところ

・コスパとスキマ時間となるとウェブとスマホ完結はありがたい

・シンプルで余計な情報が入ってこないのではかどる

・勉強仲間機能はツイッターとは違う暖かさがある

価格がリーズナブルなので手軽に入門用として全体概要の把握ができます。無駄な情報がないので効率的に勉強が続けられます。勉強仲間機能でモチベーション維持もできます。

口コミ:❷ スタディング行政書士講座の悪いところ

・ウェブだけで完結は好き嫌いが分かれるところ

・講師に質問ができないのが残念

 →2023年版から質問チケットで可能になりました

・最短合格の効率化のためか講義やインプットが少ない気がする

冊子テキストがなくウェブだけで完結なので、まず慣れが必要です。最短合格への最低限のカリキュラムのため、予想問題集など大手予備校の市販テキストと併用すると不安なくカバーができるはず。

【賢者の二択②】オンスク 行政書士 講座

口コミ:❶ オンスク宅建講座の良いところ

・予備校プラスアルファとして使える、あれなんだったっけ?という時にスマホで解決できる

・コスパが最高、行政書士な市販の参考書が高いのでテキストをダウンロードできるのが嬉しい

・申し込み後はすぐに始められる、テキスト到着を待つタイムラグなし

独学中心の方でも手軽に補足やスキマ時間利用ツールとして利用でき、過去問や市販の問題集と併用して利用すると満足度が高いようです。

口コミ:❷ オンスク宅建講座の悪いところ

・内容が足りない、これだけで合格はまず無理、基礎固めに使う

・過去問は用意されていないので市販のものを購入する必要あり

・ちゃんと続けないとお金の無駄

予備校のようにスケジュール管理のフォローアップがなくサブスクなので自分でスケジュールを立てて習慣化して学習することが大事です。また、日々の勉強の中心となる過去問は市販品でがっちりやるなど併用していく使い方がふさわしいようです。

得する情報)スケジュール管理はこれでバッチリ!

カレンダーやグラフ※を使って、学習時間や講座の動画と問題演習の進捗がわかる機能です。講義の動画と問題演習を学習するとグラフに進捗が反映されます。

比較⑤ それぞれの講座概要

まず気になるのは金額比較ですが、おすすめコースの比較で以下のようになります。

◉ スタディング 行政書士 合格コース

 スタンダード  44,000円(税込)

オンスク.JP 行政書士 講座

 スタンダード  月額 1,628(税込)

【賢者の二択①】スタディング 行政書士スタンダード講座

❶ 講座名:

行政書士 合格コース スタンダード おススメ 定番

❷ 講座の形態:

動画講義、テキスト、演習までスマートフォンで完結します。

❸ 講座内容:合格に必要不可欠な知識対策を凝縮

短期合格セミナー1回
基本講座(ビデオ・音声)計111回* 合計約34時間*
WEBテキスト基本講座各回にテキストが付属
スマート問題集計111回 合計550問
過去問解法講座(ビデオ・音声)計50回* 合計約22時間*
セレクト過去問集計26回 合計370問
13年分テーマ別過去問集計14回 合計670問
記述式解法講座(ビデオ・音声)計39回* 合計約14時間*
記述式対策問題集計14回

表中の青文字の項目が、ミニマムとの違い(追加項目)です

※内容は予告なく変更となる場合があります

❹ 金額:

44,000円(一括)分割可能

再受講の方に

【2023年度更新版】行政書士合格コース・スタンダード ¥19,800

*過去のスタンダードコース購入の方対象

短期合格セミナー1回
基本講座(ビデオ・音声)計111回* 合計約34時間*
WEBテキスト基本講座各回にテキストが付属
スマート問題集計111回 合計550問
過去問解法講座(ビデオ・音声)計50回* 合計約22時間*
セレクト過去問集計26回 合計370問
13年分テーマ別過去問集計14回 合計670問
記述式解法講座(ビデオ・音声)計39回* 合計約14時間*
記述式対策問題集計14回

オプション

冊子版オプション

コース購入済みの方へのオプション(冊子版のみの購入不可)

❶ 基本講座テキスト 14,900円 便利

【重要】3コースの違いは?

総合講座のスタンダードを軸に、合格答練や模試まで含むコンプリート、講義とテキストに特化したのミニマムから選べます。自分に合ったコースで、合格まで突っ走りましょう!

各コースに含まれる項目はこちら

教材名合格コース  
ミニマム
合格コース
スタンダード  
合格コース
コンプリート  
短期合格セミナー
基本講座
WEBテキスト
スマート問題集
過去問解法講座
セレクト過去問集
13年分テーマ別過去問集
記述式解法講座
記述式対策問題集
合格のための論点200
合格答練
合格模試
学習Q&Aチケットオプションオプションオプション
冊子版 基本講座テキストオプションオプションオプション
価格34,960円44,000円59,400円

【迷わない!】3コース+1の選び方は?

選択① 入門用として全体把握したい!他ツールと併用したい!

行政書士 合格コース ミニマム 34,960円

選択② 過去問や記述対策までがっちり対策したい!

行政書士 合格コース スタンダード 44,000円

選択③ 直前対策の総仕上げと答練・模試までフル活用したい!

行政書士 合格コース コンプリート 59,400円

新登場 選択④ 質問ができてもう立ち止まらない! おすすめ

行政書士 合格コース コンプリート +Q&Aチケット 72,400円

チェック

スタディング行政書士講座の講師は?

竹原 講師

メッセージ

忙しい方にも、学びやすく、ただ進めるだけで、短期合格者が実践した勉強法を追体験できる画期的な宅建士講座です。多くの受験生が間違った方法で勉強しています。この講座で、短期合格を勝ち取ってください!

経歴

1963年東京都港区生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。行政書士をはじめ宅建、貸金業務取扱主任者、マンション管理士、など数多くの国家試験や検定試験について、20年以上にわたりその教材作成や講義を務める。長年の受験指導で培った合格のノウハウを初学者にもわかりやすく伝える講義は好評を博している

多くの資格試験対策の講師や参考書執筆を長年行う受験のプロですね。ツボを押さえた講義と教材で安心して取り組めます。竹原講師を辿ってスタディングを始める受講生が多数発生中!

【賢者の二択②】オンスク 行政書士 講座

❶ 講座名:

行政書士講座

❷ 講座の形態:

講義動画・問題演習・テキスト・ダウンロード教材つき。学習の進捗管理もすべてWEB上でできる、資格対策講座

❸ 講座内容:

講義動画 全232回(約32.5時間)、問題演習 全593問(多肢選択式問題を含む)

※多肢選択式問題が利用できるには、行政書士と社労士の講座のみなのでぜひ活用したいところです。(スタンダートプランの特典です)

❹ 金額:

月額1,078円(税込)ウケホーダイ ライトプラン(一括割あり)

(推奨は、多肢選択式問題演習や動画ダウンロードが使える、月額1,628円(税込)スタンダートプラン)

【オンスク.JPのプラン種類と選ぶべきプラン】

実はオンスク.JPには5つのプラン選択肢があります。各プランの概要を理解して最善のプランを選ぶことが大事です。

❶ アプリ版 お勧めしません

App StoreやGoogle Playから無料ダウンロード
→有料プラン申込み

アプリ版では、資格対策のために必須のテキストや講義音声ダウンロード、問題演習と問題演習の一部が使用できませんのでお勧めしません。

アプリ版からWeb版への移行はできませんのでご注意ください

◉ アプリ版とWeb版の違い

アプリ版Web版
月額料金全講座パック:税込1,400円
単科講座:税込720円~ 
ウケホーダイ:980円(税込1,078円)~
資格別プラン:講座ごとに異なります
受講対象講座資格・検定 19講座資格・検定 39講座
実用 23講座
サイト内検索
講義動画
再生速度変更

7段階での変更可能

7段階での変更可能
講義動画
画質選択
低画質のみ低画質、標準画質
学習管理機能
進捗管理機能のみ
講座テキスト
ダウンロード
問題演習
復習機能 
間違えた問題
ブックマーク
間違えた問題
ブックマーク(復習問題)
実力テスト
反復問題
問題演習
特別問題 
行政書士講座の
多肢選択式問題
講義スライド
ダウンロード 
講義音声
ダウンロード

❷ Web版 ウケホーダイ月額プラン スタンダード おすすめ

行政書士講座なら充実機能と短期集中のこのプランで

◉ ライトプランとスタンダードプランの違い

ライトプラン   スタンダード   

月額料金
980円
(税込1,078円)
1,480円
(税込1,628円)
講座テキスト
ダウンロード
学習管理機能
サイト内検索
講義視聴
講義音声
ダウンロード
講義動画の
キーワード検索機能
講義スライド
ダウンロード
問題演習
(初級・中級・上級)
問題演習
復習機能

間違えた問題
復習問題
実力テスト
反復問題
問題演習
特別問題

行政書士
多肢選択式問題

❸ その他

資格別プラン 単一講座を 3、6、12か月使い放題

一括プラン ウケホーダイを 6、9、12か月使い放題

料金が15〜20%程度割引となります

行政書士講座受講なら選ぶべきは?

Web版 ウケホーダイ月額プラン スタンダード

理由は?

オンスク活用は1〜2か月で25時間の動画講座をサクッと完了して、その後はダウンロードしたテキストと講義音声で復習 という短期集中で使い倒すのが正解です。

ポイントのおさらい

【賢者の二択①】スタディング 行政書士スタンダード講座

スタディング(STUDYing)

講座名:行政書士合格コース スタンダード

スマホでスキマ時間活用ノウハウ重視ならここ!

テキストも講義もすべてWebで完結する講座です。

指標評価ポイント
リーズナブル度    ★★★★★ (4万円台)
実績・ノウハウ★★★★
スキマ時間活用★★★★★
アフターケア★★★
総合評価★★★★★

スマホで学べるオンライン資格講座といえばここ。行政書士合格コースという総合講座でリーズナブルにメイン学習とスキマ学習が両立できます。

❶講義映像、テキスト、過去問・演習まで全てWEBでできる

❷以前の通勤講座の名前でも有名なスキマ時間活用を前提としたメソッドで忙しい方でもムリなく着実に学べる仕組み

❸オンライン資格市場の先駆け東証上場企業のトータル20万人以上シェア1位のノウハウ集約

こんな方にお薦め!

まとまった勉強時間がなかなか確保できない忙しい方でスマホでスキマ時間メインに勉強したい

講座最新情報とキャンペーンは公式サイト

※割引クーポンは、注文手続き最後の「ご注文の確認」画面で、入手したクーポン選択で使用できます

2022年 行政書士 合格者数ランキング ベスト2

ナンバー❶ アガルート  合格者数 296名

ナンバー❷ スタディング 合格者数 160名

低価格で行政書士合格者数2位!コスパならスタディング一択

【賢者の二択②】オンスク 行政書士 講座

オンスク.JP

講座名:行政書士講座

コスパ重視ならここ!

テキスト利用も講義も演習もすべてオンライン上で行われる講座です

指標評価ポイント
リーズナブル度     ★★★★★(1千円台/月額)
実績・ノウハウ★★★
スキマ時間活用★★★★★
アフターケア
総合評価★★★★★

おすすめポイントは何といってもリーズナブルな価格です。価格のハードルが低いので、とりあえずで始めてみることができます。

❶月額制だから行政書士講座(講義 約25時間、演習581問)をリーズナブルに繰り返して学習

❷低価格でも充実の講義とノウハウが詰まった問題演習、それもそのはず運営会社はTACグループ会社

❸倍速機能でスキマ時間を無駄なく活用、まさに隙間時間活用のための講座

こんな方にお薦め!

入門用にサクッと全体像を把握したい、または、月額制でお金を掛けずにスキマ時間にスマホでコツコツ蓄積したい

まずは無料体験!講義動画と問題演習の一部が無料体験できます。

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

【無料講座の閲覧ステップ①】

メアド又はGoogle等のIDで簡単に無料登録が可能です。

【無料講座の閲覧ステップ②】

マイペースで講座の選択と無料動画・問題演習が可能。有料プランへの移行も可能です。

いかがでしたでしょうか。どちらが自分に合った選択か判断ができましたでしょうか?

最後にもう一度、選択の機会を提供します。

【賢者の選択①】

こんな方に

最先端のAI機能を駆使して、動画講義、テキスト、過去問答練まで全てスマホ完結でスキマ時間を最大活用したい

選ぶべき講座は

スタディング(STUDYing) 行政書士 講座 で決まり

講座最新情報とキャンペーンは公式サイト

※割引クーポンは、注文手続き最後の「ご注文の確認」画面で、入手したクーポン選択で使用できます

【賢者の選択②】

こんな方に

入門講座や総復習として受け放題サブスクで短期間に低価格でサクッと試験の全体を把握したい

選ぶべき講座は

オンスク.JP 行政書士 講座 で決まり

講座の最新情報とキャンペーン案内は公式サイトから

講座の概要を熟知すると同時に、背景としてスクールのポリシーやメソッドを知っておくと判断の参考になります。

スタディング(STUDYing)とは(公式サイトより)

【スタディングメソッドとは】

スタディングでは、長年にわたり、短期合格者がどのように学習しているかの研究を行ってきました。さらに、心理学、脳科学など、人間の能力向上に関する知見を組み合わせることで、だれでも短期合格者と同じように効率的に実力を高めるための独自の勉強法「スタディングメソッド」を磨き上げてきました。

「スタディングメソッド」には7つの原則があります。すべてのスタディングのコンテンツ(講座)はこの「スタディングメソッド」に沿って自社で開発されており、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるようになっています。

【学習システムの開発】

また、受講者が学習するためのシステム(学習システム)もスタディングメソッドを実現するために自社で開発され、日々、機能拡張や改良を重ねています。

さらに、受講者がスタディングで学ぶことで、学習データが蓄積されます。その学習データから、上達が早い人の学習方法や行動履歴を分析し、それをスタディングメソッドの改良やコンテンツ開発や学習システムの開発に生かしているのです。
スタディングが目指しているのは、人間の能力を最大限に引き出し、最短時間で習得できるコンテンツ、学習システムを提供することです。

【私の見解】

通勤講座の名前でも有名なスキマ時間活用を前提としたメソッドで、忙しい社会人でもムリなく着実に学べる仕組みをいち早く導入し、オンライン資格市場の先駆けであるスタディング。

東証上場企業のトータル20万人以上シェア1位のノウハウを集約した、インターネット&スマホ資格講座の代表格です。時代の寵児とも言えるこの学習メソッドを見逃す手はないですね。

オンスク.JPとは(公式サイトより)

オンスク.JPの「ウケホーダイ」は、資格取得・ビジネス・趣味実用に活かせる全50講座以上が、月額定額で受講し放題のWEBサービスです。スマホ1つあれば、いつでもどこでも、そこがあなたの学びの場。どの講座も追加料金なしで使えるので、興味を持てる講座をとことん探せます。

さらに「ウケホーダイ」のいいところは、同時にいくつ受講しても定額なところ。そんなウケホーダイだからこそフル活用するなら、ひとつだけよりも、組み合わせ受講がおすすめです。計画的に組み合わせることで、効果的な知識が身に付きます!

【私の見解】

つまり、月額の格安料金でひとつだけではなく複数の資格講座や教養講座がが受け放題という独特の仕組みです。ビジネスマンの方が、社労士資格講座とビジネス英語講座を同時並行で受講できるということです。

また、ひとつの講座を集中的に学習して完了すれば1月分の金額で講座を修了することができるということです。

タイトルとURLをコピーしました