本サイトは解説内容により広告リンクを含む場合があります

どっちが有益?宅建の通信講座【徹底比較】スタディングVSアガルート

宅建士試験対策オンライン通信講座として、 スタディング(STUDYing)とアガルートの二択で迷っている

それぞれの特徴を知ってどちらが自分に合っているか知りたい

この記事ではそんな要望にお応えします。

アガルートはしっかりしたテキストで、出るところだけ学ぶ最短ルートなのに、宅建士の合格率は非常に高いですね。全国平均の3.51倍!59.5%の合格率はスゴい!

スタディングの宅建士講座はコスパよく、スマホでスキマ時間を着実に積み重ねて、合格レベルまで学習が進められると評判ですね。合格者も急増中で、2022年は合格者の声だけでも854人に達していますね!

アガルートはこの値段なのに何回でも質問できるから、行き詰まって挫折することなく安心して勉強を続けられるのが魅力!

最先端の2つのAI機能が使えるのもスタディングの魅力。現時点での予想得点と順位がわかる AI実力スコア、短期合格者と同じペースで復習できる AI問題復習、これらが使えるだけでも価値があり!

この記事を読むと、

それぞれの講座の独自性とどんな方に向いているのかを5項目で比較します。これを読めば自分でどちらが良いかを判断して講座を始める決断ができます。

比較① こんな人はこちらを選択すべし

【賢者の選択①】

こんな方に

最先端のAI機能を駆使して、動画講義、テキスト、過去問答練まで全てスマホ完結でスキマ時間を最大活用したい

選ぶべき講座は

スタディング(STUDYing) 宅建士講座 で決まり

ここがナンバーワン!

スマホでスキマ時間に学習するために開発された学習メソッド

旧通勤講座から続くメソッドで紙ベースのテキストを単にスマホで閲覧できるということではなく、短期間で集中的に繰り返すことで記憶に定着させるコンテンツ学習システムによって、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるよう設計されています。

速報 スタディング宅建講座 2022年宅建士合格者 854名!あのフォーサイト2022年宅建士合格者数872名に迫る勢い!

【賢者の選択②】

こんな方に

圧倒的な合格率を裏付けるしっかりとした冊子テキストと動画講義をメインに着実に学びたい

選ぶべき講座は

アガルート宅建試験 入門総合カリキュラム で決まり

ここがナンバーワン!

なんといっても抜群の合格率とムダのない最短ルート合格メソッドが魅力。

まず驚くのは、合格者数すら公表されていない講座が多い中で、堂々の合格実績が公表されています。内容を見ると納得ができますが、ムダがなく且つわかりやすいテキストと講義は抜群の本番出願カバー率を誇りますので、「ここはテストに出る」を集めた内容と言えます。

まさに予備校とオンラインのいいとこ取りを低価格で実現していて、圧倒的なコストパフォーマンスと言えます。

速報! アガルートの宅建士合格率

*令和4年合格率:59.5% 【全国平均の3.50倍】
【入門総合カリキュラム55.6%! 演習総合カリキュラム71.2%!】
*直近3年間で受講者数7.58倍!【受講者急増中!】
※合格率は,合格発表後の受講生合否アンケートの集計結果

◉ この二択のポイントは?

AI機能とスマホ完結スキマ時間重視 VS 予備校とWebのいいとこどり

比較② それぞれの講座の客観的メリット

【賢者の二択①】スタディング(STUDYing)宅建士対策講座

スタディング 宅建士対策講座の客観的メリットは次のとおりです。

メリット①スマホ学習に最適化

おすすめポイントは何といってもこれまでの通信教育とは一線を画す学習メソッド。通学講座の講義や冊子テキストを単にスマホで閲覧できるのではなく、人間の能力を最大限に活かして最短時間で習得できるコンテンツです。これが合格者からテンポよく学習サイクルを回すことができたと評価される独自メソッドになります。

スタディングの王道

講義動画→問題演習→過去問→AI問題復習 全てスマホ完結

初学者がとっつきにくい専門用語も動画から入ることで自然と頭に入ります。あとはひたすら問題演習と過去問を解きまくり、鬼とも言われるAI復習で合格圏まで持ち込みます。これら全てが、机に向かってテキストを開くことなくスマホでスキマ時間にコツコツ積み重ねることができます。まさに新スタンダード。

イチ押し 新機能 早い者勝ち

スタディングのAI問題復習とは?

スタディングのAI問題復習は、AIが最適なタイミングで復習問題を自動出題する画期的な機能です。

AI問題復習は合格できない原因を解決します

従来の復習方法にはこんな問題があり、合格できない原因でした。

*復習しないから定着しない

*復習まで時間が空き過ぎて忘れる

*復習に時間がかかり過ぎて全部終わらない

この致命的な問題を、自動で効率よく解決して合格確率を上げるのがこのAI問題復習です。

鬼管理 完全に定着できるまで毎日何度も繰り返し出題

毎日、今日解くべき問題が自動的に出題されるため、効率的に復習ができます。

“本日の問題”が全て完了すれば、このメッセージは表示されなくなります。

日々AI問題復習を繰り返すことで、最終的に全ての問題の理解度が100になれば、全部の問題が完全に理解できた、ということです!

結果として、少ない勉強時間(労力)で、効率的に実力を高めるのが、AI横断復習の目的です。

導入されて間もない今のうちに、ご自身の学習に取り入れて、効率的に得点アップを目指しましょう。

◉スタディング宅建講座のAI問題復習を徹底解説

さらに!AI実力スコア機能

いま受験生中 上位何%にいるのか?あと何点で合格圏か?わかります

毎日勉強をするごとにAI実力スコアが伸びていくから、モチベーションを維持しながら上位を目指すことができます。

スタディングAI実力スコア機能

あなたは上位何%?合格まであと何点?

【受験生の中で位置がわかります】

【現時点での予想得点がわかります】

【すでに受講者の皆さん有効活用しています】

AI実力スコアが、法と税やったら受かる気にさせてくれる

AI実力スコア未達でも本番に追い込み!

実はまだスタディングでもこの機能が使える講座は限られています。

この機能だけでも欲しいと評判最強ツールで差をつけましょう!

メリット②価格が安い

スタディングの言葉を借りると、「合格に関係ない事にかかるコスト」を極限まで削減し、ITを活用した革新的な学習システム・運営システムを開発した結果、運営コストを大幅に削減することができた、という理由です。

メリット③勉強仲間機能

低価格と最短合格を追求しているスタディングでは効率化追求でドライなイメージがありますが、実は勉強仲間機能というアナログな機能があります。ツイッターなどSNSでの勉強仲間もありますが、同じスタディングで学ぶ同志でありライバルの存在がモチベーション維持には効果的です。

【賢者の二択②】アガルート宅建試験 入門総合カリキュラム

アガルート 宅建士講座の客観的メリットは以下の通りです。

メリット①圧倒的な合格実績

おすすめポイントは何といっても受講生の圧倒的な合格率の高さです。難関資格として知られる宅建士資格試験ですが、ここ数年の合格率推移を見ると15%前後で推移しており正に狭き門です。

その中で、アガルートの合格率は約60%!しっかりと最後までやり切ることで合格にぐっと近づきます。

メリット②ムダ無く学習してスキマ時間で補足

独学で合格するには最低300時間以上と言われる勉強時間ですが、ムダ無く最短ルートを提唱するアガルートだけあり、ゼロから合格カリキュラムでは入門講座から過去問、総まとめと模擬試験まで網羅されています。

合計講義時間66.5時間という相当なボリュームがありますが、2回目以降にはちょっとした隙間時間にスマホで何度も繰り返し視聴して復習と定着を図ることができます。チャプター分けされた講義を倍速機能も活用して効率的に知識の積み上げができます。

メリット③抜群のサポート体制

分からないことや疑問点は,いつでも受講生限定の仕組みにより,何回でも無料で質問をすることができ、講師に回答がもらえるので安心して学習を進めることができます。

オンライン講座では質問ができない講座も多いですが、難関資格合格にはフォロー制度が重要です。

比較③ それぞれのデメリット

【賢者の二択①】スタディング(STUDYing)宅建士対策講座

スタディングの宅建士対策講座の客観的デメリットは次のとおりです。こんなはずじゃなかったと後悔しないように予め知っておく必要があります。

デメリット①冊子テキストがない

この後の口コミでも指摘されていますが、紙ベースの参考書や問題集に慣れている方には戸惑いがあるかもしれません。とはいえ、どうしも紙ベースで勉強したいという方はテキスト冊子版のオプションがあります。

デメリット②合格率が非公表

オンライン講座ということもあり合格実績は公式には公開されていません。でも合格体験記の数から真剣に最後までスタディングで受験勉強をした人の合格率は高いのではと考えられます。そもそも合格率の計算にはマジックがあって、母数を受講者とするか実際に会場で受験した人数とするかで結果が大きく変わりますのであまり意識する必要はありませんが。

デメリット③質問ができない

仕組み上、講座についての質問ができません。ここはフルサポートのスクールではないと割り切った上で、講義と問題演習をフルに活用するというスタンスで考えましょう。

【賢者の二択②】アガルート宅建試験 入門総合カリキュラム

アガルートの宅建士講座の客観的デメリットは次のとおりです。こんなはずじゃなかったと後悔しないように予め知っておく必要があります。

デメリット①スマホでは完結しない

この後の口コミでも指摘されていますが、解説動画はウェブ配信でスマホで学習できますが、テキストや問題演習は冊子でウェブで全て完結する講座ではありません。

冊子テキストと動画講義でしっかりと軸を固めて、スキマ時間にスマホで補足するという学習スタイルを確認したうえで申し込んでください。

デメリット②講座の歴史が浅い

名だたる資格講座や通信講座と比べると歴史は浅いと言わざるを得ません。歴史に裏付けられた安心感を求める向きにはおすすめできません。

とはいえ、合格実績と最短ルートで合格に導くメソッドを先取りしてライバルに差をつけることができそうです。

デメリット③フルカラーテキストは二色刷り?

アガルートでは冊子のフルカラーテキストを売りにしていますが、口コミで囁かれるように確かに使われている色が少ない印象があります。大事なのは中身と言いたいところですが、カラフルなテキストを期待するとがっかりするかもしれません。

比較④ それぞれの口コミ情報

ネットやSNS上での口コミ情報は実はあまり多くはありませんが、総合的に良い点と悪い点をまとめると概ねこのようなコメントが見られます。

【賢者の二択①】スタディング(STUDYing)宅建士対策講座

口コミ:❶ スタディング宅建士講座の良いところ

・コスパとスキマ時間からウェブとスマホ完結はありがたい

・シンプルで余計な情報が入ってこないのではかどる

・勉強仲間機能はモチベーション維持に役に立った

価格がリーズナブルなので手軽に入門用として全体概要の把握ができます。無駄な情報がないので効率的に勉強が続けられます。勉強仲間機能でモチベーション維持もできます。

口コミ:❷ スタディング宅建士講座の悪いところ

・ウェブだけで完結は好き嫌いが分かれるところ

・講師に質問ができないのが残念

・過去問集は充実しているが予想問題集がないので市販品を購入

冊子テキストがなくウェブだけで完結なので、まず慣れが必要です。教材は合格必要情報が凝縮されているので、理解できるまで何周も繰り返して学習する必要がありますね。

【賢者の二択②】アガルート宅建試験 入門総合カリキュラム

口コミ:❶アガルート宅建試験講座の良いところ

・教材がわかりやすくて必要充分なので追加の必要がない

・質問サポートが充実していて助かる

・高い合格率は安心感がある

ムダ無く最短ルートが売りのアガルートだけあって、教材が充実していて追加教材の余地がないぐらい充分な教材が準備されていて、合格率とサポート体制と相まって合格まで迷わず学習を推進できそうです。

口コミ:❷ アガルート宅建試験講座の悪いところ

・スマホだけでは完結しない

・テキストや講義のボリュームに圧倒される

・質問の上限は50回!

基本は冊子テキストを講義動画でしっかり習得する必要がありますので、スマホでスキマ時間でサクッと完結したい方には不向きです。教材がボリューミーですが、やり切れば高い合格率が待っています。

実は質問回数は無制限ではなく30回となっていますが、現実的には充分な回数ではないでしょうか?

比較⑤ それぞれの講座概要

まず気になるのは金額比較ですが、おすすめコースの比較で以下のようになります。

◉ スタディング(STUDYing)宅建士合格コース

      スタンダード    19,800円(税込)

アガルート 宅建試験 入門総合カリキュラム

                54,780円(税込)

【賢者の二択①】スタディング(STUDYing)宅建士対策講座

❶ 講座名:

宅建士(宅地建物取引士)講座 合格コース

そのほかに、直前対策講座、合格模試、テキスト冊子版 のオプションも準備されています

❷ 講座の形態:

動画講義、テキスト、過去問集、答練・模試まで全ての対策がスマートフォンひとつで完結します。

❸ 講座内容:合格に必要不可欠な対策を凝縮

短期合格セミナー1回
基本講座(ビデオ・音声)77講座* 合計約32時間*  
WEBテキスト各基本講座にWEBテキストが付きます
スマート問題集77回*
セレクト過去問集30回*
13年分テーマ別過去問集48回*

*内容は予告なく変更される場合があります

❹ 金額:

19,800円(一括)分割可能

❺合格までの流れ

【賢者の二択②】アガルート宅建試験 入門総合カリキュラム

❶ 講座名:

宅建試験 入門総合カリキュラム

その他、知識がある方向け最短コース スピード合格カリキュラム もあります

❷ 講座の形態:

好評のフルカラー冊子テキスト と オンライン動画授業 をメインとする講座です

❸ 講座内容:合格に必要不可欠な対策を凝縮

 ・入門総合講座 テキスト 4冊、 講義 31.5時間

 ・過去問解析講座 過去問集 5冊、 講義 20時間

 ・総まとめ講座 テキスト 1冊、 講義 9時間

 ・模擬試験 講義 6時間

❹ 金額:

54,780円(税込) 宅建試験 入門総合カリキュラム

Webテキスト(冊子テキストなし)なら 32,780円

【賢者の二択①】スタディング(STUDYing)宅建士対策講座

講座名:合格コース スタンダード

AI活用でスマホでスキマ時間を積み重ねるならここ!

通勤講座として知られたスキマ学習の代名詞

指標評価ポイント
リーズナブル度    ★★★★★ (1万円台)
実績・ノウハウ★★★★
スキマ時間活用★★★★★
総合評価★★★★★

スマホで学べるオンライン資格講座といえばここ。宅建士合格コースはリーズナブルな価格で受講できます。

❶講義映像、テキスト、過去問・演習・模試まで全てWEBでできる(紙のテキストなし)

❷以前の通勤講座の名前でも有名なスキマ時間活用を前提としたメソッドで忙しい方でもムリなく着実に学べる仕組み

❸オンライン資格市場の先駆け東証上場企業のトータル20万人以上シェア1位のノウハウ集約

まずは無料体験!合格法と活用術の無料セミナーと講座の初回版(ビデオ講座、テキスト、暗記ツール、過去問集など)が体験できます!

【賢者の二択②】アガルート 宅建試験 入門総合カリキュラム

講座名:宅建試験講座 入門総合カリキュラム

しっかりテキストで学ぶ、合格率で選ぶならここ!

冊子テキストとオンライン動画で構成される講座です。

指標評価ポイント
リーズナブル度     ★★★ (5万円台)
実績・ノウハウ★★★★★
スキマ時間活用★★★
アフターケア★★★★★
総合評価★★★★★

おすすめポイントは何といっても60%近いを超える合格率、全国平均の約3.5倍という圧倒的な実績を誇ります。

❶約66時間の必要十分なオンライン講義は、倍速再生やチャプター分けで隙間時間のフル活用が可能

❷好評の講師作成テキストは過去問情報が網羅されており高い出題カバー率を誇ります

❸充実したフォロー体制で解らないことや疑問点は受講者限定ツールで無料で講師に質問可能

こんな方にお薦め!

実績ある講座で、ノウハウが詰まったしっかりしたテキストに沿ってオンライン授業でスクール感覚で学び、隙間時間も活用したい

今なら無料体験!サンプル講義とテキストが体験できます。

【資料請求でこんなに体験ができます】

テキスト 冊子が届く

・入門総合講義
(宅建業法『第1章~第3章』)

・演習総合講義
(権利関係『第1章~第4章』)

テキスト対応の講義

・入門 約1.5時間
・演習 約2時間

いかがでしたでしょうか。どちらが自分に合った選択か判断ができましたでしょうか?

最後にもう一度、選択の機会を提供します。

【賢者の選択①】

こんな方に

AIを駆使して動画講義、テキスト、過去問答練までスマホ完結でスキマ時間を最大活用したい

選ぶべき講座は

スタディング(STUDYing) 宅建士講座 で決まり

まずは無料体験!合格法と活用術の無料セミナーと講座の初回版(ビデオ講座、テキスト、暗記ツール、過去問集など)が体験できます!

【賢者の選択②】

こんな方に

圧倒的な合格率を支えるしっかりとした冊子テキストと動画講義をメインに着実に学びたい

選ぶべき講座は

アガルート 宅建試験 入門総合カリキュラム で決まり

今なら無料体験!サンプル講義とテキストが体験できます。

【資料請求でこんなに体験ができます】

テキスト 冊子が届く

・入門総合講義
(宅建業法『第1章~第3章』)

・演習総合講義
(権利関係『第1章~第4章』)

テキスト対応の講義

・入門 約1.5時間
・演習 約2時間

◉ まずは不動産業界の最新情報を収集なら

 宅建取得者も資格がない方も、不動産業界経験者も未経験者も OK

 不動産業界に精通したプロのアドバイザー>その名も宅建Job

講座の概要を熟知すると同時に、背景としてスクールのポリシーやメソッドを知っておくと判断の参考になります。

スタディング(STUDYing)とは(公式サイトより)

【スタディングメソッドとは】

スタディングでは、長年にわたり、短期合格者がどのように学習しているかの研究を行ってきました。さらに、心理学、脳科学など、人間の能力向上に関する知見を組み合わせることで、だれでも短期合格者と同じように効率的に実力を高めるための独自の勉強法「スタディングメソッド」を磨き上げてきました。

「スタディングメソッド」には7つの原則があります。すべてのスタディングのコンテンツ(講座)はこの「スタディングメソッド」に沿って自社で開発されており、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるようになっています。

【学習システムの開発】

また、受講者が学習するためのシステム(学習システム)もスタディングメソッドを実現するために自社で開発され、日々、機能拡張や改良を重ねています。

さらに、受講者がスタディングで学ぶことで、学習データが蓄積されます。その学習データから、上達が早い人の学習方法や行動履歴を分析し、それをスタディングメソッドの改良やコンテンツ開発や学習システムの開発に生かしているのです。
スタディングが目指しているのは、人間の能力を最大限に引き出し、最短時間で習得できるコンテンツ、学習システムを提供することです。

【私の見解】

通勤講座の名前でも有名なスキマ時間活用を前提としたメソッドで、忙しい社会人でもムリなく着実に学べる仕組みをいち早く導入し、オンライン資格市場の先駆けであるスタディング。

東証上場企業のトータル20万人以上シェア1位のノウハウを集約した、インターネット&スマホ資格講座の代表格です。時代の寵児とも言えるこの学習メソッドを見逃す手はないですね。

アガルート オンライン予備校とは(公式サイトより)

【名前の由来と想い】


「アガルート(AGAROOT)」という社名には,資格の取得を目指す皆様のキャリア,実力,モチベーションが上がる道(ルート)になり,資格を活かして飛躍される皆様の出発点・原点(ROOT)になるという思いを込めました。


【講座体系の特長=必要なものを必要なだけ】

一般的に資格予備校では,講義や演習を問わず,あらゆる種類の講座を詰め合わせした,パッケージ商品を販売しています。このパッケージ商品を購入すると,人は買ったことで満足してしまいます。また,そのようなパッケージ商品をお得に感じるでしょう。しかし,それらを全て消化するには,時間が足りません。また,重複して同じ内容を学習しなければならないこともあり,時間の無駄になることもあります。 
そこで,アガルートアカデミーは,最小限の講義で合格に必要な力を身に着けるために,講座体系を再整理しています。

【私の見解】
アガルートは、「合格までの最短ルート」を掲げていますね。そして、圧倒的な合格率で有名なオンライン予備校です。私は、アガルートが提唱する、必要なものを必要なだけ、最高のテキストと最高の受講環境で学ぶという方法にとても共感します。

私は資格の勉強は基本は自学自習であるべきと考えています。なぜなら、人によって得意不得意が違いますので、個性に合った自分だけのやり方を作っていく必要があります。

無駄を省いた最小限の知識を効率よく確実に学び、それを軸に自分に合ったスタイルで問題演習を肉付けすることがまさに合格最短ルートですので、アガルートの講座は理にかなった考え方といえます。


合わせて読みたい、宅建士受験に役立つ情報はこちらから

タイトルとURLをコピーしました