どっち?花の定期便【徹底比較5項目】リフトVSアンドフラワー

個性的な花の定期便・サブスクとして、

リフト(LIFFT)アンドフラワー(&flower)の二択で迷っている

それぞれの特徴を知ってどちらが自分に合っているか知りたい

この記事ではそんな要望にお応えします。

いづれも特徴がある人気のお花のサブスクですね。

サブスクで花のある生活を始めようとする方が、数ある花の定期便を検討する中で、最後に残るこの二択にはそれぞれに特徴がありいづれも優れた花のサブスクであることに間違いはありません。

しかしながら、各々の特徴を知りどちらが自分にとって最善の選択となるか見極めることが最も大事です。

この記事では、

それぞれの花の定期便の独自性とどんな方に向いているのかなど5項目で比較します。これを読めば自分でどちらが良いかを判断して講座を始める決断ができます。

【目次】

>比較① こんな人はこちらを選択すべし

>比較② それぞれのメリット

>比較③ それぞれのデメリット

>比較④ それぞれの口コミ情報

>比較⑤ サブスク概要とおすすめプランと金額

比較① こんな人はこちらを選択すべし

【賢者の選択①】

こんな方に

花束+ジャーナルで始まる、飾るだけじゃない花の世界観を楽しみたい。

選ぶべき花のサブスクは

LIFFT(リフト)花の定期便 で決まり

ここがナンバーワン!

LIFFT(リフト)花の定期便のおすすめは、なんといっても花の品質と世界観です。基本ワンプランで月1回発送という、一見サービスレベルが低いのではと思われる仕組みがそれを可能にしているといえます。

とはいえ、利用者の自由な選択が可能な点もLIFFTの優れた点です。ホームページで翌月の発送予定の花のアレンジ内容が公開されて、それを見てからサブスクへの申し込みやスキップといった選択ができます。

また、これだけでも購入価値があると評判のジャーナルは、手が混みすぎているのではと思わせる充実した内容で、目で見て癒されるだけでなく花が創り出す世界を醸し出してくれます。

【賢者の選択②】

こんな方に

サブスクを通じて近所でお気に入りのお花屋さんをつくりたい。

選ぶべき花のサブスクは

flower(アンドフラワー)花の定期便 で決まり

ここがナンバーワン!

アンドフラワー(&flower)花の定期便のおすすめは、なんといっても住まいの近隣のお店からお花が届くので新鮮な花が届くことです。お気に入りのお花屋さんを見つけたり、実際の足を運ぶこともできます。

逆に好みでなかったお店はブロックできる仕組みがあるので、万が一センスが合わないとかサービスが悪いお花屋さんがあったとしても外すことが可能です。

&flowerでは花を通じたつながりづくりを理想に掲げていますので、ネット注文の宅配サービスでありながらお気に入りお花屋さんを見つけることができます。

◉ この二択のポイントは?

花から始まる世界観を楽しみたい VS 近所にお気に入りのお花屋さん

比較② それぞれのメリット

【賢者の二択①】LIFFT(リフト)お花の定期便

リフトのサブスク客観的メリットは次のとおりです。

メリット① 飾るだけで終わらない、コンセプト

花のケアの仕方、飾り方、生産ストーリーといった情報に加えて、有名クリエイターの方々が書き下ろした、花にまつわるコラムなどが詰まったジャーナルをお花と一緒にお届きます。

口コミ等で、これだけで充分楽しめる、とか市販してもいいクオリティ、とか、高評価のジャーナルで花のある生活をより充実させてくれます。


メリット② 想像より花の量が多い

最適な日に採花された新鮮な品質が売りですが、実はお花のボリュームについても満足度が高いと評価されています。数量としては合計9本前後で、メインのお花が4本前後、メインのお花に合わせた季節の草花が5本前後という構成になります。

ひとつひとつの花の大きさとアレンジから本数のイメージよりボリューム感があり、月1回の花の定期便の内容がよく考えられて準備されていることが評価されているようです。


メリット③ 次回発送の花の内容が予めわかる

花のサブスクで利用者の不満の多くが、思っていた花と違う とか、好きではない花が入っていたとか、好き嫌いが原因ということがわかります。LIFFTの花の定期便では、翌月送付予定の花のアレンジ内容を確認できますので、多くの不満が避けられると思われます。

こちらトップページの、“お届けするもの”コーナーに“翌月のお花”と“内容:メインのお花⚪︎本前後、季節の草花⚪︎本前後“と詳しく表示されます。それを見て、お花の到着を心待ちにするもよし、スキップするもよし、前もって判断することができます。また、解約についてもLIFFTでは回数制限がないのでいつでも解約できるので安心です。

LIFFT

【賢者の二択②】アンドフラワー(&flower)花の定期便

&flower(アンドフラワー)のサブスクの客観的メリットは以下の通りです。

メリット① 住まいの近くのお花屋さんから花が届く

提携しているお花屋さんの中から住まいの近所のお花屋さんから花が届きます。お花屋さんとしても、遠くに住む見ず知らずの人よりも近所でもしかしたらお店にも来てくれるかもしれないお客さんの方が花選びにも気合が入ります。

そのうえ、好みではなかったお花屋さんはブロックして次から届かなくできるので、とても利用者に優しい安心できる仕組みです。

また、配達距離が短くなりますのでお花への負担が少なくなり痛みにくくなるという効果もあります。


メリット② 到着日を決めてポストに届くので忙しくても受け取れる

花の定期便を検討される方はお忙しい方が多いのでポスト投函はとても助かります。大丈夫かなと思う方もいると思いますが、ポストで長時間保管される前提で処置されていますので安心です。トラブルはほとんど無いようですが、万が一花に元気がない場合は無料再送してもらえます。

また、生活リズムに合わせて到着日を設定のうえ、マイページで到着予定日が分かりますのでいつ届くかわからないというソワソワした不安が解消できます。


メリット③ 細かい安心の仕組み

どの花の定期便にしようかと迷っている方には、まずは試して比較してみることをお勧めしますが、&flowerでは最低発送回数の縛りがなくいつでも解約できますので、安心して試してみることができます。

また万が一届いたお花が傷んでいた場合の交換依頼もマイページからできますので安心です。最後発の新しい花の定期便だけあって、他のサブスクにある細かい安心の仕組みと操作性などが考慮されているので、快適に安全に花のある生活を送ることができます。

比較③ それぞれのデメリット

【賢者の二択①】LIFFT(リフト)お花の定期便

リフトのサブスクの客観的デメリットは次のとおりです。こんなはずじゃなかったと後悔しないように予め知っておく必要があります。

デメリット① ポスト投函は選べない

花の宅配便では忙しい方でも受け取れるポスト投函が人気ですが、LIFFT(リフト)ではポスト投函はできません。ポストに入るボリュームではないためです。そのため、ポストに長時間さらされるという心配はなくなります。

そのかわりに、毎月花の最適発送期間が決まるとメールで通知があり、その中で配送希望日時をフォームで指定することができます。とはいえ花のコンディションが最優先ですので若干変更がある場合があります。

デメリット②花の種類や色などは選べない

花の定期便の中にはあらかじめ好みの色を指定できるプランもあります。LIFFTでは花の色などは選べません。ジャーナルと一体のよく練られたセレクトと、最高のコンディションを楽しみに待つのがLIFFTの花の定期便を愉しむコツかもしれません。とはいえ、翌月に届く花を事前に知ることができるので届いてがっかりは無いはずです。

デメリット③ 基本プランはひとつ、配送は月に1度

LIFFT(リフト)花の定期便では選べるプランは基本的にただ1つです。初回花瓶付やコーヒーとのセットというオプションはありますが、花と冊子のセットは同じものです。

これは数ある花のサブスクの中でも最小です。一般にプランの少なさが効率化やボリュームアップにつながるのでリーズナブルな価格設定の実現を可能にします。また、これがLIFFTの唯一無二の品質と世界観を可能にします。

【賢者の二択②】アンドフラワー(&flower)花の定期便

&flower(アンドフラワー)のサブスクの客観的デメリットは次のとおりです。こんなはずじゃなかったと後悔しないように予め知っておく必要があります。

デメリット①配達時間は指定できない

忙しい方でも受け取れるポスト投函というメリットの裏返しですが時間指定はできません。家にいる場合は気になって何度も見に行ってしまうかもしれませんね。&flowerでは、ポストに長時間保管されても大丈夫なように、延命剤で対策されていますのでお花が長持ちです。

それでも万が一、萎れていたり枯れていた場合には返品または交換になりますので安心です。

デメリット②花の種類や色などは選べない

花の定期便の中にはあらかじめ好みの色を指定できるプランもあります。&flowerでは花の色は選べません。どんな花が届くか一期一会の巡り合わせを毎回楽しみにできるゆとりが、&flowerを楽しむコツかもしれません。

デメリット③プランが少ない

&flowerでは選べるプランはただ1つです。これは数ある花のサブスクの中でも最小です。とはいえ決められた範囲でそれぞれのお花屋さんが工夫して趣向を凝らしてアレンジしてくれるということですので、悪いことではないと思います。

プランの少なさが効率化やボリュームアップにつながるのでリーズナブルな価格設定の実現を可能にします。

比較④ それぞれの口コミ情報

ネットやSNS上での口コミ情報は実はあまり多くはありませんが、総合的に良い点と悪い点をまとめると概ねこのようなコメントが見られます。

【賢者の二択①】LIFFT(リフト)お花の定期便

口コミ:❶ LIFFT(リフト)花の定期便の良いところ

・毎回、花の持ちが長いことが実感できる

・一緒に送付されるジャーナルはそれだけで売れるような完成度

・新鮮で豪華でおしゃれで素敵、これまでのサブスクで一番

鮮度にこだわるLIFFTだけあり、花の持ちが良いと実感できるようです。また、同梱される冊子の評判が良く、花だけでなく花から始まるストーリーを楽しみたい方にはLIFFTは最高の選択です。

口コミ:❷ LIFFT(リフト)花の定期便の悪いところ

・料金プランが1プランのみでアップグレードできない

・ポスト投函が選択できない

・いわゆる格安の花のサブスクではない

現時点では基本ワンプランかつ月に1回なので、選択の余地がありませんが、新鮮さやボリューム、アレンジセンスなどに不満の声は無いようです。価格も1回3,300円と安さ追求型ではないですが、花の持ちが良く月1回発送なので1か月あたりの金額は高くはありません。

【賢者の二択②】&flower(アンドフラワー)お花の定期便

口コミ:❶ アンドフラワー(&flower)花の定期便の良いところ

・家にいながら毎週いろいろな花が届いてワクワクする

・近所のお花屋さんからポストに花が届く

・万が一お花が傷んでいてもマイページで交換依頼

花のプロがセレクトした新鮮なお花が毎週届くので楽しみという声が多いようです。届いた花をそのまま花瓶に飾るだけです。

当然、お花はなまものなので、配達状況によっては元気がない時もありますが、品質保証で安心のようです。

口コミ:❷ アンドフラワー(&flower)花の定期便の悪いところ

・料金プランが1プランのみでアップグレードできない

・ポスト投函ボックスより大きな花はない

・新しいサービスなので口コミ情報が少ない

新しいサービスなので他のサブスクのように沢山の口コミやインスタがあるわけではないので情報が少ない点は否めません。また、現時点ではワンプランなので、ステップアップしていくことはできませんが、最後発の花の定期便だけあり大きな不満にはならないようです。

比較⑤ サブスクの概要とおすすめプランと金額

【賢者の二択①】LIFFT(リフト)お花の定期便

LIFFT花の定期便のプランと発送は次の通り、基本的にワンプランになります。

❶ プランを選ぶ

基本的にプランは一本です。

スタンダードプラン 3,300円(税込、送料込)お花+ジャーナル

※オプションとして、花瓶付(初回)、コーヒー豆セット、ギフト券 があり

過去のアレンジ例

芍薬(5月)
薔薇(11月)
クレマチス(6月)
アルストロメリア(3月)
チューリップ(1月)

👇

❷ 配送回数 月に1回

毎月の月初めに、花にとって最適なタイミングで発送されます。毎月20日までの申し込み(スキップは毎月19日まで)で、翌月初日から10日頃までの発送となります。

定期便の発送時期が決まるとメールで通知があり、その中で配送希望日時をフォームで指定することができます。

プランと発送回数を確認したらこちらから

LIFFT

おすすめのプランは

◉ スタンダードプラン 3,300円(税込、送料込)お花+ジャーナル

◉ 配送頻度 月1回

【おすすめの理由】

初回花瓶セットやコーヒー豆とのセットはありますが、基本プランはひとつだけで選択の余地はありませんが、このプランにLIFFTの花の定期便の全てが詰まっていますので期待して良いと思います。

回数も月に1回と決まっていますので選択の余地はありませんが、この1回に最高のアレンジとジャーナルの世界感が詰め込まれていますので、これをストレートに愉しむのが正解と思います。

LIFFTのサブスクは花持ちの良さにも定評がありますが、LIFFTの定期便だけで足りない場合には他の低価格サブスクと組み合わせるのも方法かと思います。

ひと月の合計費用見積

1回3,300円(税込、送料込)× 1回 = 3,300円

おすすめプランのイメージ

【賢者の二択②】&flower(アンドフラワー)花の定期便

プラン利用の流れは次の2ステップです

❶ プランを選ぶ

プランはひとつです。

&flowerプラン 1回 1,265円(税込)(880円+送料385円)4本以上

👇

❷ 配送回数と到着予定日選ぶ

花を送ってもらう頻度を決めます。

毎週、② 隔週(2週間に1回)、③毎月(1か月に1回)

都合に合わせて到着日を決めます。

平日、②週末、③ ビジネス

※平日(火~木)、週末(木~土)、ビジネス(月~火)(家庭でもOK)

プランと発送回数を確認したらこちらから

&flower公式サイト

おすすめのプランは

◉ プラン &flowerプラン 1回 1,265円(税込)(ひとつだけです)

◉ 配送頻度 毎週

【おすすめの理由】

プランはひとつだけで選択の余地はありませんが、このプランに&flowerの花の定期便の全てが詰まっていますので期待して良いと思います。

回数は、せっかく花のある生活を始めるなら、花が途切れ途切れになるのではなく、小さくてもいつも見えるところに花があるという状態にしたいところです。季節にもよりますが、今ある花と新しく届いた花が少し重なってコラボのアレンジができると楽しいです。

ひと月の合計費用見積

1回1,265円(税込、送料込)× 4回 = 5,060円

おすすめプランのイメージ

【賢者の二択①】LIFFT(リフト)お花の定期便

リフト(LIFFT)の花の定期便

選べるプラン:

◉ プラン:スタンダードプラン 3,300円(税込、送料込)

※オプションとして、花瓶付(初回)、コーヒー豆セット、ギフト券 があり

◉ 発送頻度:月に1回

花農家から直送の新鮮な花とジャーナルで構成される新しいタイプの花の定期便

指標評価ポイント
リーズナブル度    ★★★★
クオリティ★★★★★
独自性★★★★★
総合評価★★★★★
初心者お勧め度★★★★

こんな方にお薦め!

❶ 花の定期便は初めてで失敗したくない方

花のある生活を始めたいけど、お花屋さんでどの花を選んで良いか迷ってしまい面倒になりなかなか始められないという方は実はかなり多いです。そんな方には、いろいろ試して遠回りすることなく最初から品質とボリュームとアレンジセンスに定評があるLIFFTから始めるという選択肢があります。

月に1回の発送ですので、金額的な負担も小さく気軽に始めることができます。翌月のお花をあらかじめ知ることができますので、届いてがっかりという心配がなく、それを見てスキップや解約という選択もできるので初めて始めるには最適です。

他の花の定期便利用中でも少し変化がほしい方

既に花のサブスクを利用していて、最近送られてくる花が変わり映えしないとか、マンネリ化してきて少し変化が欲しいという方も多いと思います。

そんな方には、他のサブスクにはない、花とジャーナルでセットという唯一無二のサブスクであるLIFFTを一度試してみることをお勧めします。

また、LIFFTの花の定期便は1か月に1回なので、他のサブスクと併用しても邪魔にならず、いまの花のある生活をさらに充実させてくれるはずです。

❸ 花を知り花の世界観を楽しみたい方

“飾るだけじゃない”がコンセプトのLIFFT花の定期便ですから、花のケアの仕方、飾り方、生産ストーリーといった情報に加えて、有名クリエイターの方々が書き下ろした、花にまつわるコラムなどが詰まったジャーナルが花と一緒に届きます。

口コミ等で、これだけで充分楽しめる、とか市販してもいいクオリティ、とか、高評価のジャーナルで花のある生活をより充実させてくれるはずです。視覚と想像力で愉しむ新しい花の定期便の世界です。

おすすめのプランは?

◉ スタンダードプラン 3,300円(税込、送料込)お花+ジャーナル

◉ 配送頻度 月1回

【おすすめの理由】

初回花瓶セットやコーヒー豆とのセットはありますが、基本プランはひとつだけで選択の余地はありませんが、このプランにLIFFTの花の定期便の全てが詰まっていますので期待して良いと思います。

回数も月に1回と決まっていますので選択の余地はありませんが、この1回に最高のアレンジとジャーナルの世界感が詰め込まれていますので、これをストレートに愉しむのが正解と思います。

LIFFTのサブスクは花持ちの良さにも定評がありますが、LIFFTの定期便だけで足りない場合には他の低価格サブスクと組み合わせるのも方法かと思います。

ひと月の合計費用見積

1回3,300円(税込、送料込)× 1回 = 3,300円

おすすめプランのイメージ

お勧めプラン

◉ スタンダードプラン 3,300円(税込、送料込)お花+ジャーナル

◉ 配送頻度 月1回

【おすすめの理由】

初回花瓶セットやコーヒー豆とのセットはありますが、基本プランはひとつだけで選択の余地はありませんが、このプランにLIFFTの花の定期便の全てが詰まっていますので期待して良いと思います。

回数も月に1回と決まっていますので選択の余地はありませんが、この1回に最高のアレンジとジャーナルの世界感が詰め込まれていますので、これをストレートに愉しむのが正解と思います。

LIFFTのサブスクは花持ちの良さにも定評がありますが、LIFFTの定期便だけで足りない場合には他の低価格サブスクと組み合わせるのも方法かと思います。

ひと月の合計費用見積

1回3,300円(税込、送料込)× 1回 = 3,300円

おすすめプランのイメージ

【賢者の二択②】&flower(アンドフラワー)お花の定期便

アンドフラワー(&flower)の花の定期便

選べるプラン:

◉ プラン:1回 1,265円(税込、送料込) (ワンプランのみ)

◉ 発送頻度:① 毎週、② 隔週(2週間に1回)、③ 毎月(1か月に1回) の3パターン

近隣のお花屋さんからお花が届く新しい花の定期便

指標評価ポイント
リーズナブル度    ★★★★
利便性★★★★★
安心度★★★★★
総合評価★★★★★
初心者お勧め度★★★★★

こんな方にお薦め!

❶ 花の定期便は初めてで失敗したくない方

花のある生活を始めたいけど、お花屋さんでどの花を選んで良いか迷ってしまい面倒になりなかなか始められないという方は実はかなり多いです。そんな方は、先ずはリーズナブルに近隣のお花屋さんが趣向を凝らしたアンドフラワーを試していただきたいです。

仕事や生活が忙しくて時間や心にゆとりがなくても大丈夫です。&flowerはポスト投函で万が一でも保障がありますので安心して受け取りができます。

他の花の定期便利用中でも少し変化がほしい方

既に花のサブスクを利用していて、最近送られてくる花が変わり映えしないとか、マンネリ化してきて少し変化が欲しいという方も多いと思います。

そんな方には、この新しい花の定期便&flowerを一度試してみることをお勧めします。少し彩りを増やしたいという方は追加してみると届いたお花をリアルタイムで比較ができます。2つも利用する余裕はない、またはそんなに多くの花は必要ではないという方は、利用中の定期便を休会すればダブルで利用料を払う必要はありません。

いまの花の生活に変化を加えることで新しい発見が見つかるかもしれません。

❸ 近隣のセンス合うお花屋さんを発見したい方

住まいの近所のお花屋さんから花が届きます。お花屋さんとしても、遠くに住む見ず知らずの人よりも近所でもしかしたらお店にも来てくれるかもしれないお客さんの方が花選びにも気合が入ります。

もし気に入ったお花屋さんが見つかったら普通にお花を買いに行くこともできますので発展性もあります。

お勧めプラン

◉ プラン &flowerプラン 1回 1,265円(税込)(ひとつだけです)

◉ 配送頻度 毎週

【おすすめの理由】

プランはひとつだけで選択の余地はありませんが、このプランに&flowerの花の定期便の全てが詰まっていますので期待して良いと思います。

回数は、せっかく花のある生活を始めるなら、花が途切れ途切れになるのではなく、小さくてもいつも見えるところに花があるという状態にしたいところです。季節にもよりますが、今ある花と新しく届いた花が少し重なってコラボのアレンジができると楽しいです。

ひと月の合計費用見積

1回1,265円(税込、送料込)× 4回 = 5,060円

おすすめプランのイメージ

いかがでしたでしょうか。どちらが自分に合った選択か判断ができましたでしょうか?

最後にもう一度、選択の機会を提供します。

【賢者の決断①】

こんな方に

花束+ジャーナルで始まる、飾るだけじゃない花の世界観を楽しみたい。

選ぶべき花のサブスクは

LIFFT(リフト)お花の定期便 で決まり

LIFFT

【賢者の決断②】

こんな方に

サブスクを通じて近所でお気に入りのお花屋さんをつくりたい。

選ぶべき花のサブスクは

&flower(アンドフラワー)花の定期便 で決まり

&flower公式サイトはこちら

プランの内容に加えてポリシーや想いを知っておくと判断の参考になります。

LIFFT(リフト)とは(公式サイト等より抜粋)

運営会社 BOTANICのVISION(ビジョン)とは

花・植物を気軽に贈る・飾るカルチャーを創る

日本は古来から花・植物を愛でる文化がある国ですが、現代ではその文化が薄れつつあり、「かしこまったもの」となっています。また、欧米と比較して、切り花や観葉植物を気軽に贈ったり、飾ったりする習慣が十分定着していません。

モノにあふれる現代において、究極の感性価値商材である花や植物を生活に広め、社会的な豊かさをもたらします。

◉ 花の定期便LIFFTとは

飾るだけじゃない、新しい花の定期便

3つの特徴

オンラインと実店舗での豊富な実績

オンラインでは年間数万件をお届けしており、安心の実績。また実店舗を運営し、センスを磨くフローリストがご自宅でお花を楽しむのにピッタリのお花のアソートメントをセレクトしてお届けします。

❷ 産地と提携してお届けする新鮮な花

全国で提携した品質に信頼のおける農家から、ご注文頂いた分だけ採花。”Farm to Vase” – 農園から皆さまのお手元(花瓶)ヘ – をコンセプトに、採れたて新鮮な状態で出荷いたします。

❸ 飾るだけで終わらない、様々な情報の提供

花のケアの仕方、飾り方、生産ストーリーといった情報に加えて、有名クリエイターの方々が書き下ろした、花にまつわるコラムなどが詰まったジャーナルをお花と一緒にお届けします。その他、オンラインでのレッスンやイベントなど、充実した花のある暮らしを楽しむためのコンテンツをお届けします。

【私の見解】

花の定期便 LIFFT(リフト)は、同じく花の定期便である霽れと褻(ハレトケ)と姉妹サブスクとして、farm to vase : 農園から花瓶 へ をコンセプトに花農家から直接発送により保管期間が無く新鮮かつ低価格を実現しています。

花農家からの直接発送という点は同じで、霽れと褻(ハレトケ)がメイン1種類の花を数本という構成に対して、LIFFT(リフト)はメインの花を数本と季節の草花数本とをアレンジされた10本ほどの花束という構成になります。

花の定期便LIFFT(リフト)の最大の特徴は、「飾るだけじゃない」と表現される、お花から始まる世界観です。LIFFT Journal(リフト ジャーナル)という名の小冊子と呼ぶには内容の濃い冊子が毎月の定期便に同包されます。

届く花の取り扱いや飾り方にとどまらず、その花に関わる文学上の名言や、生産者のこだわり、そして花を題材としたエッセイなど、花を起点として想像を広げることで目だけではなく心で花を愉しむことができます。

単に綺麗とか癒されるというだけでなく、少し高尚な大人の楽しみ方をしたいという方にはお勧めです。そのため、LIFFT(リフト)の花のサブスクは月に1回だけです。花の選択から花のストーリーを込めた冊子までが1か月ごとに準備されます。次回の花が決まった段階でメインの花が公表されますので、期待を膨らませたり、万が一嫌いな花であればパスすることもできます。

LIFFT Journal(リフト ジャーナル)のサンプルと次回の花の情報はホームページから参照できます。

LIFFT

&flower(アンドフラワー)とは(公式サイト等より抜粋)

◉ カワイイお花コーディネーター&flower

&flowerで始める、花のある暮らし

いつもの暮らし、いつもの空間、いつもの時間に花を。
花と共に暮らす新しい生活、&flowerで始めてみませんか?

新型コロナウイルスの感染拡大により大きな打撃受けた花業界のために何かできることはないか?
お家時間が増えた今、より多くの人にもっと手軽に、もっと気軽に花のある暮らしを楽しんでもらいたい!

そんな思いからお花の定期便サービスをスタートいたしました。

&flowerでは、

・ネットで簡単申し込み、すぐに花のある暮らしが始められる
・お花はポスト投函なので不在でも安心
・あなたの生活に合わせて配送間隔や曜日を選択できる

POINT❶ お気に入りの花屋が見つかる

お住いのエリアにあるお店からお花が送られてきます。
気に入ったお店はお気に入りに登録、好みじゃないお店はブロックすることができます。

POINT❷ スキップ&お休み機能

マイページより簡単に次回お届け分をスキップ、もしくはしばらくお休みすることもできます。

POINT❸ 安心の品質保証

延命剤がついているためお花が長持ち!
万が一お花が枯れていた場合すぐに新しいお花をお届けします。

【私の見解】

アンドフラワー(&flower)花の定期便は、花に関わるお花屋さんや花業界のサスティナブルな発展を目指しクラウドファンディングを経て2020年8月にサービスをスタートした新しい花の定期便サービスです。

数えきれない花のサブスクがしのぎを削る中で、新しい花の定期便としてこれまでにあるサービスの良いとこどりをした顧客満足度の高いサービスが提供されることが期待できます。

お花のサブスクには、FLOWERという花の定期便もあって少々ややこしいですが、

“&”には、

・様々な、色々な
・足す
・と共に

こんな意味も込めて・・・

・様々な生活を提供する・・・花で。花を使って。
・生活に、時間に、空間に、花を足す。
・花と共にある人生。

(クラウドファンディングのメッセージより)

そこに花があることでプラスの変化が起きることを願うネーミングへの想いは共感できます。

タイトルとURLをコピーしました